ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

12月21日シンポジウム「アベノミクスの検証と今後の展望」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 12月21日に、シンポジウム「アベノミクスの検証と今後の展望」が行われました。
 第1部は、作家の堺屋太一氏による基調講演 第2部では、竹中平蔵 慶應義塾大学教授、野村修也 中央大学法科大学院教授・弁護士、八田達夫 大阪大学招聘教授、宮内義彦 オリックス取締役兼代表執行役会長・グループCEOによるパネルでスカッションが行われました。

動画全編です。

当日の資料4点は以下からPDFでご覧いただけます。

 1・基調講演資料1
 2・基調講演資料2 3・特区諮問会議議員一覧

 2013年は、アベノミクスのロケットスタートで幕を開け、久しぶりに日本経済に期待と注目が集まる年となりました。しかし、第一の矢、第二の矢は放たれたものの、6月に公表された第三の矢「日本再興戦略」は、具体策不足で内外から失望の声が高まりました。その後、参議院選挙後には成長戦略第二弾の議論がスタートし、秋の臨時国会では、「成長戦略実行国会」との掛け声のもと、成長戦略の突破口として期待される「国家戦略特区」法案などが成立に至りました。  こうした、アベノミクスの現状をどう評価すべきか、今後の経済成長は期待できるのか、積み残された課題は何か・・・。 政府の政策決定プロセスに長く関わり、その裏側まで知り尽くす識者により、「アベノミクスの検証と今後の展望」について議論されました。 
<主催> 任意団体 万年野党

東京プレスクラブの記事一覧をみる ▶

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP