ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自分好みの家を求めて、ハーフビルドの住まいづくり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

住まいに「自分好み」「自分らしさ」を求める人々が増えている中、中古住宅を購入してリノベーションをする人、賃貸でも自分の過ごしたい空間を求めてDIYをする人が増え、徐々にそれが浸透してきている。一戸建て住宅でも、自分でできるところは自分でつくる、ハーフビルドで家を建てる人々もいるようだ。市内のマンションか? 実家の建て替えか、もしくは田舎暮らしか?

「ハーフビルドで家を建てました。」お話を伺ったのは福岡県糸島市に住む、寺田さんご夫妻。今年で10年になる住宅は床や壁、天井のパイン材の風合いが変わり、とても良い色になっている。ハーフビルドで建てた家のご紹介をしていただく前に、まずはなぜ住宅を購入するに至ったのかを伺った。

「元々は福岡市内の公団住宅に住んでいました。夫婦ともに勤めていたので、少しでも都心に住んでいたかったんです。賃貸でしたが周辺環境が良く、横には川が流れ、高層階だったので目の前には山がひろがり景色が素敵だった。部屋も2LDK、バルコニーも広くて。購入したいと思える素敵な物件でした」

糸島に家を建てたきっかけは、亡くなった両親の家をどうするか?という問題が生じたこと。当初、実家を建て替えるか福岡市内でマンションを購入することを考えていたとか。でもそんな時、たまたま友人が糸島に広い土地を購入したから見に行こうと誘われ、ここの土地を見ることになったそうだ。

「土地を見て、そしてふとこれからの生活について考えました。都会の真ん中にいて、これからリタイアしたら山ほどの時間が出来る。そうなったときにどう生活するんだろう。庭がある一戸建てに住んで、その庭をつくりこんだりして、退屈することにはならないよね、と。そこで土地を購入して家を建てることにしました」

土地購入を決めてからは住宅展示場に行ったり、雑誌でたくさんの情報を収集していたが、なかなか自分たちの思い描いた住宅が見つからなかった。そんな中、たまたまインターネットで見つけた「ハーフビルド(半分手づくり)」という言葉と北欧の田舎にありそうなたたずまいの家に惹かれ、福岡にあるキットハウスというハウスメーカーの家づくりセミナーに参加した。その帰り道に自分たちでハーフビルドをやってみようと決心した。ほぼ1年、毎日休まず作業……苦労の末に手に入れた理想の家

どんな家に暮らしたいかを考えているときに、図書館で借りた本の中から一枚の写真を見つけた。 ニュージーランドの素敵な家、居心地の良さそうなベランダの写真だった。「ゆったりとしたソファに座って本を読めたらいいなぁ」という想いから、このベランダをベースに設計を始めたそうだ。

【画像1】理想の住宅写真(左)と今の住宅(右)。1枚の写真から暮らしを想像して住まいづくりを始めた(画像提供:寺田美奈子さん)

基礎が出来てから、ご夫婦2人での家づくりが始まった。地元、糸島の大工さんに工具の使い方、釘の打ち方まで一から教わりながら、平日は美奈子さんが朝から夕方まで、週末は夫婦2人で一日中作業をし、寺田さんがリタイアしてからは2人で毎日作業をしたとのこと。

「元々は在来工法で家を建てる大工さんだったのですが、私たちの住宅は2×4(ツーバイフォー)だったので、本を読んで勉強をしながら進めてくれました。最初は素人が家づくりなんて……という感じでしたが、毎日一緒に作業をしているうちに徐々にアドバイスをしてくれるようになりました。今でも何かあるごとに相談しています」

2003年7月に地鎮祭を行い、基礎・水まわり・屋根は大工さんが、あとは教わりながら一緒に作業をし、2階の一部屋だけ完成させて、とりあえず生活できる環境を整えてから翌年の1月3日に入居。未完成の家に住みながらの家づくりだった。

「石膏ボードとか2人で協力して貼れば良いけれど、ゆっくり作業していると終わらない。だからそれぞれ持ち場をつくって別々に作業。冬の寒い時期だったから、あかぎれやひび割れ、霜焼け……と辛い作業がずっと続きました。高いところは大工さんにお願いしながら、自分たちのできる範囲は夜遅くまで頑張りました。
床、壁、天井をそれぞれ1カ月くらいで完成させましたが、床は這いつくばっての作業、それが大変だった。きっと天井は立ったままで作業できるし楽なんじゃないか? なんて思っていたけれどそんなことはない。上を向いての作業もとにかく大変だった。無垢の床板をまっすぐピシっと貼るのが大変なんです。僕がまっすぐに直して、「今だ!」の掛け声で妻がエアガンで固定しながら進めました」

【画像2】部材を切り出したり、下地剤を塗ったり……とにかく全ての工程を行い、自分たちで家をつくり上げた(画像提供:寺田美奈子さん)

【画像3】足場に登っての高所作業。建てているときは大変だったようですが、完成した家には想いがつまっていた(画像提供:寺田美奈子さん)

「断熱材も妻が貼りました。断熱材であるグラスウールを初めて触ったんだけど、チクチクしてて嫌だったようです。今ではもっと楽にできる素材があるみたいですね。あと高いところのペンキ塗りも、足場の上で作業していました。楽しいというよりも必死でした。とにかく大変でしたね」毎日作業をすることほぼ1年、遂に理想の家が完成した。

【画像4】リビングからダイニングを望む写真。入居当時(左)と現在(右)。床や天井にはパイン材を使っていて、年々、味のある色に変化(画像提供:寺田美奈子さん)完成後10年、ハーフビルドで家をつくった感想は?

2004年5月、遂に住宅が完成。ほぼ1年間、毎日休みなく一生懸命家づくりに励んだ結果、完成直前に2人ともダウンしてしまったそうだ。「本当に大変だったけどやめようという気にはならなかったし一時でもやめたいとは思いませんでした」そう語るお二人は、今年で住み始めて10年。庭仕事やガーデンハウスのテーブルや椅子をつくりながら暮らしを楽しんでいるようだ。そして今ではDIYのリーダーとして、周りのお宅が外構をつくる際のアドバイザーも担っている。

ハーフビルドの家づくりは楽しいことだけではなくて、とっても大変だった。大変だった分、住み心地も愛着もかなり深いものになった。ハーフビルドで建てたのはきっかけにすぎないかもしれないが、将来の「暮らし」を思い描き、そして家や庭をつくる過程を楽しむ。そんな家に対する想いが伝わってくる住宅だった。
元記事URL http://suumo.jp/journal/2014/10/29/72107/

【住まいに関する関連記事】グランフロント大阪「ナレッジキャピタル」に「SUMUFUMULAB(住ムフムラボ)」誕生
エコカラットは本当にニオイをとってくれてるの?
幸せを呼ぶ? 噂のサンキャッチャーのつくり方
道を走っていると見かける、山の斜面に建つ家の謎
平成生まれの若者たちが考える、スケールが大きいこれからの住まい

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP