ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】犬の名前「ポチ」 幕末以後に登場したピジン英語説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書評】『犬たちの明治維新 ポチの誕生』仁科邦男著/草思社/1600円+税

【評者】井上章一(国際日本文化研究センター教授)

 犬にジョンという名をつける人は、すくなくない。レオやベスも、よく聞く犬の名前になっている。こういう命名を、英米人はどう思うのだろう。たずねたことはないので、よくわからないが、あまりいい感情はいだけないように思う。日本でくらしているジョン氏やベス嬢は、内心にわだかまりをかかえているような気もする。

 日本人が英米系の名を犬につけだしたのは、幕末明治期以後の現象である。まあ、そんなことは、わざわざ言われなくても、みんななんとなく気づいていよう。しかし、ポチというよくある名も、幕末以後のそれだと聞かされれば、おどろくのではないか。

 そう、じつはポチだって、舶来の犬名なのである。いや、そんなはずはない。「裏の畑でポチがなく」話は、江戸期以前からあったはずだ。と、そうあらがいたくなるむきは、ぜひこの本を読んでほしい。ポチという名が、明治期にある種のピジン英語として浮上する。その過程が、いやおうなく考証されていく様子を、たどれるから。

 そもそも、江戸期以前の日本に、ひとりの飼い主が犬を自家でやしなうケースは、ほとんどない。主が自分の好みで、犬の名をきめることも、基本的にありえなかった。集落や町内で共有されるもの以外は、野良犬となる。あるいは、まれに大名家や将軍家で、かこわれる。それが、一九世紀なかばごろまでの常態だったのである。

 そんな日本に、開国は新しい犬環境をもたらした。個人が飼い主となって犬を飼う。西洋流のそんなペット文化が、もちこまれている。そして、集落などが犬を飼う旧来の慣習は、駆逐されていった。犬の共有は、個人的な私有にとってかわられたのである。

 この大変動がたどった筋道も、著者はていねいにおいかける。オールコックに関するエピソードも、おもしろい。西洋人が書いた日本見聞記の邦訳にひそむ誤訳の指摘は、勉強になった。西郷隆盛が犬をひきつれていたことにたいする読み解きも、説得的である。

※週刊ポスト2014年11月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
いじめをなくすには犬を飼えと脳科学者 ただし猫ではダメ
「スマホ男性よりガラケー男性がモテる説」30代女性理由解説
犬の安全な乗車 キャリーバッグに入れてシートベルトで固定

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。