ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

消化促進や冷え症対策にも! フレーバーウォーターを作ってみよう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、スーパーやコンビニなどでよく見かける「フレーバーウォーター」。普通の水にフルーツやハーブを加えるだけで、お悩み別の“魔法の水”に早変わりしてくれるそう。

見た目もおしゃれなので、友人らを自宅に招いた時のおもてなしにもピッタリ!

「自宅でも簡単に作ることができるので、その時の体調に合わせて手作りしてみませんか?」と話すのは、料理研究家&フードコーディネーターとして活躍する積木あやかさん。さっそく積木さんオススメのフレーバーウォーターレシピを教えてもらった。1. 食べ過ぎたときの消化促進「梨×ローズマリー」

【材料】2人分
ミネラルウォーター…500ml
梨…1個
フレッシュローズマリー…2本
レモン汁…少々
蜂蜜…お好みで

【作り方】
1. 梨の皮をむき、すりおろす
2. ピッチャーなどの容器に、材料を入れ、蜂蜜で味を整える
3. 冷蔵庫で冷やして完成

「梨はタンパク質を分解する消化酵素のプロテアーゼを含んでいるので、食後に飲むと消化を助けてくれます。ローズマリーは非常に強い抗酸化作用を持ち、“若返りのハーブ“と呼ばれています」(積木さん※以下同)2. イライラした気持ちを抑えたい「オレンジ×すだち×ペパーミント」

【材料】2人分
ミネラルウォーター…500ml
オレンジ(ノーワックスか国産がベター)…1個
すだち…1個
ペパーミント…適量
蜂蜜…お好みで

【作り方】
1. オレンジとすだちをスライスして3枚を飾り用にとっておく。残りは種を取って絞り、ペパーミントとミネラルウォーターを入れ、甘みを調整する
2. 氷に1を入れ、甘みが足りなければ、蜂蜜を足して完成

「オレンジとすだちにはビタミンCが豊富で美肌に効果的ですよ。ペパーミントは鎮静効果があり、イライラをしずめてくれるほか、抗菌作用があります」3. 冷え症やむくみを撃退「簡単ジンジャーエール風」

【材料】2人分
炭酸水…適量
おろし生姜…大さじ2
砂糖…30g
蜂蜜…大さじ1
ライムの絞り汁…大さじ1
シナモンスティック…1本
クローブ…少々(なくても良い)
ミント…飾り用

【作り方】
1. おろし生姜、砂糖、蜂蜜、シナモンスティック、クローブを火にかけ、沸騰したら弱火にして、5分煮る
2. 1にライムの絞り汁を加えて冷まし、茶こしでこす
3. グラスに冷やした2を入れ、炭酸水を注ぎミントを飾り完成

「生姜を加熱する事により生まれる辛み成分『ショウガオール』は、咳を鎮めるほか、冷え性やむくみに効きます」

水と2~3種類の材料があればすぐにできてしまうので、とっても簡単。おいしくてフレッシュなフレーバーウォーターをぜひ生活に取り入れてみて!

(南澤悠佳/ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP