体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

異色スリラー『ザ・ゲスト』監督&脚本家インタビュー 「今作は『ターミネーター』の現代的なアレンジさ」[ホラー通信]

アダム・ウィンガード(監督)とサイモン・バレット(脚本)

11月8日の公開が迫る話題作『ザ・ゲスト』
『サプライズ』や『V/H/S』シリーズで多くのファンを獲得し2010年代のホラーを担う名コンビ、アダム・ウィンガードとサイモン・バレットがおくる最新作は、“アンノウン(正体不明)・スリラー”と称される異色の作品です。

すべての画像と予告編が表示されない方はこちら

『ザ・ゲスト』ポスター

正体不明の男がある一家を訪れ、家族のなかに溶け込み、次第に周囲を恐怖に陥れていく今作。この物語の特徴的なところは、この正体不明の男が“誰にでも好かれる、ルックス良し・性格良しの超ナイスガイ”ということ。彼の正体とは、そして目的とは。
この異色の作品について、そして作品作りの裏側など、アダムとサイモンのお二人にお話を伺うことが出来ました。

アダム・ウィンガード(監督)&サイモン・バレット(脚本) インタビュー

adamsimon

[写真:アダム・ウィンガード(左)&サイモン・バレット(右)]

――『ザ・ゲスト』非常に楽しませていただきました。日本より一足早くアメリカで公開が始まっていますが、反応はいかがですか?

アダム:今までの作品で一番手応えを感じているよ。今までの作品は、実は賛否あることが多かったんだ。でも今回の作品は観客満足度94%(米サイト『ロッテントマト』調べ)を獲得したんだ。ホラー好きに偏らず皆で観られる作品を目指したから、多くの人に観てもらえて嬉しいね。

――今作に登場するデイヴィッドは、ホラーやスリラー映画でよくある見るからにおそろしいキャラクターではなく、接した誰もが惹かれてしまうという魅惑的なキャラクターです。そんな彼が徐々に周囲を恐怖に陥れていくという設定はとても面白いアイデアですね。

アダム:これはすごく実験的なアイデアだった。“ヒーローであり、悪でもある”というキャラクターが成立するのかというね。観客を混乱させるであろうこの複雑なキャラクターを、主演のダン・スティーブンスはわざとらしくなく、ごく自然に演じてくれたんだ。彼は本当に善でもあり悪でもあって、そのどちらが正解というわけでもない。観る人によってそれぞれ解釈してほしいし、そして何より楽しんでほしいね。

the_guest_

――デイヴィッドと、一家の次男でありいじめられっ子のルークとの間にうまれる関係性は、ターミネーターとジョン・コナーのようでもあって非常に面白かったです。

サイモン:そうそう、『ターミネーター』は今回の作品の基本的なインスピレーションになってるんだよ。『ターミネーター』はもともと、僕たちが子どものときに一番はじめに「映画を作りたい」と思わせてくれた作品だったんだ。80年代のアメリカ映画に大きな影響を与えた作品でもあるしね。でも実は、僕はジョン・コナーが「人を殺すなんていけないよ!」ってグズグズ言ってるのがすっごく嫌だったんだよね(笑)。だから『ザ・ゲスト』では、デイヴィッドがルークに人の殺し方を教えるようにしたんだよ。自分たちなりの現代的なアレンジってやつさ(笑)。

1 2次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。