ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SoundCloud、ワーナーミュージック・グループと楽曲ライセンスで合意

DATE:
  • ガジェット通信を≫

posted by Jay Kogami

SoundCloud、ワーナーミュージックと楽曲ライセンスで同意。初のメジャーレーベルの契約、広告でマネタイズ強化

音楽共有プラットフォームSoundCloudが、メジャーレーベルの一つ、ワーナーミュージック・グループとその音楽出版社ワーナー/チャペルと楽曲配信のライセンス契約で合意しました。SoundCloudがメジャーレーベルとライセンス契約を結ぶのは今回が初めてです。

SoundCloudのCEO、アレキサンダー・リュング (Alexander Ljung)はBillboardのインタビューで

「(発表は)思っていたよりも少し早く実現した。これは自然な流れだ。

彼ら(ワーナーミュージック)は、すべての音源カタログを公開するコミットはしていません。リスナーは、より多くのワーナーミュージック所属アーティストのコンテンツを聴くことができるでしょう。私たちは、これまで長い間SoundCloudの一部だった柔軟性を確保しています。

彼らにより多くの管理が与えられます。彼らはすでに存在するプラットフォーム上から、コンテンツからのマネタイゼーションが実現可能になります。これはワーナーにとってさらに多くのコンテンツの公開へとつながるでしょう。」

と答えています。

リュングは、また今回の契約でSoundCloudがSpotifyのようなオンデマンド型の音楽ストリーミングサービスにはならないと強調しました。

SoundCloudはワーナーミュージックとの契約によって、これまで問題視されていた同社のマネタイゼーション戦略を強化し、クリエイターやコンテンツ・パートナーに収益を還元できるシステムをプラットフォーム内で実現していきます。

SoundCloudは8月にクリエイターやコンテンツパートナー向けに、同社初の広告システム「On SoundCloud」を発表、ネイティブ広告やオーディオ広告、ディスプレイ広告、コンテスト、チャネル・スポンサーシップなど異なるマネタイゼーションのモデルから収益化できる取り組みを開始しました(現在は招待制)。

リュングはまた2015年に開始すると噂されている、サブスクリプション型サービスについては詳細を明らかにしませんでした。

さらに、DJやプロデューサーがミックスに収録された楽曲から「マイクロ・マネタイゼーション」できるかどうかについて、その考えに対して難色を示し「全てのクリエイターにマネタイゼーションを実現したい」と述べます。

ワーナーミュージックのデジタル戦略・ビジネス開発担当取締役副社長のジョナサン・ドーキンは

「今回の契約でSoundCloudは巨大なユーザー向けにさらなる製品開発を促進させ、複層的なマネタイゼーションを提供しつつ、多くの人に支持される要素を維持していきます。これは、アーティスト、権利保有者、消費者にとっての勝利です。」

その他のメジャーレーベルであるユニバーサルミュージックとソニーミュージックとの契約についてSoundCloudはコメントを控えています。

■記事元http://jaykogami.com/2014/11/9736.html

記事提供All Digital Music

Jay Kogami(ジェイ・コウガミ)
プロフィール
Twitter
Facebook

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP