ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

坂本龍一、commmonsからの7作品をDSDマスタリングによるハイレゾ音源を含む配信でリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

坂本龍一がcommmonsからリリースした7作品をDSDマスタリングによるハイレゾ音源含む配信を本日よりリリースした。

先に配信がスタートしているワーナー時代の音源同様に、教授が高く信頼を寄せるサイデラマスタリングのエンジニア、オノセイゲン氏による高音質DSDマスタリングによってレコーディング時の音を、出来る限り忠実に再現している。

配信情報
・「out of noise」 (2009年3月4日 発売作品)
・「THREE」 (2012/10/17 発売作品)

96KHz 24bit/48KHz 24bit のスタジオ・ミックス・マスターを5.6MHz DSDにアップコンバートの上、KORG Clarity にて5.6MHz DSD マスタリング。

・「八重の桜 オリジナル・サウンドトラック Ⅰ」 (2013年1月30日 発売作品)
・「八重の桜 オリジナル・サウンドトラック Ⅱ」 (2013年7月31日 発売作品)
・「八重の桜 オリジナル・サウンドトラック Ⅲ」 (2013年11月13日 発売作品)

48KHz 24bit のスタジオ・ミックス・マスターを 32bit にビット拡張、192KHzにアップコンバート、 192Khz 32bit でPro Tools 11でPCMドメインで微調整。

RMEにてDAし、アナログドメインで、__Rockruepel COMPONE amp -The Dangerous BAX EQで微調整の上、 EMM Labs ADC8で、5.6MHz DSD -TASCAM DA-3000に取り込み。

・「Playing the Piano 2013 in Yokohama」 (2014年3月26日 発売作品)

48KHz 24bit のスタジオ・ミックス・マスターを 32bit にビット拡張、192KHzにアップコンバート、 192KHz 32bit でPro Tools 11でPCMドメインで微調整。RMEにてDAし、アナログドメインで、Rockruepel COMP ONE amp – The Dangerous BAX EQ で微調整の上、EMM Labs ADC8で、 5.6MHz DSD – TASCAM DA-3000に取り込み。

・「Playing the Orchestra 2013」 (2013年12月11日 発売作品)

48KHz 24bit のスタジオ・ミックス・マスターを5.6MHz DSD にアップコンバートの上、KORG Clarity にて5.6MHz DSDドメインで微調整。KORG MR-8080UでDAし、アナログドメインで、Rockruepel COMP ONE amp – The Dangerous BAX EQ で微調整の上、 EMM Labs ADC8で、 5.6MHz DSD – TASCAM DA-3000に取り込み。

<配信サイト>
OTOTOY:http://ototoy.jp/
e-onkyo music:http://www.e-onkyo.com/
mora:http://mora.jp/

関連リンク

坂本龍一 オフィシャルサイトhttp://www.sitesakamoto.com/
坂本龍一 レーベルサイトhttp://www.commmons.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP