ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『アジョシ』『泣く男』を送り出した韓国のヒットメーカーが考える「カッコいい男」とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『アジョシ』『泣く男』を送り出した韓国のヒットメーカーが考える「カッコいい男」とは?

イ・ジョンボム監督が描く”男”は、男が観たい”男”だ。前作『アジョシ』(10)同様、『泣く男』の主人公ゴンも、内面に抱く問題こそ違うものの、男カタルシス充満のキャラクターだった。そこには監督自身の投影か、願望がありそう。いい”男”の製造法を質問した。

『泣く男』のゴンを演じるは、韓国のトップスター、チャン・ドンゴン。すでにビジュアルがパーフェクトなため、いい”男”の製造法など特にないと思う人がいるかもだが、ジョンボム映画の”男”は中身が魅力。監督も、その創造に注力する。「まずカッコいい男はこうだ!って、決めつけてキャラクターを作ることはしない(笑)。順番としては違うと思うわけ。個人的に男のドラマが好みだが、特に内面が成長していくドラマがいいよな」。

そして、内面の成長をセットした後は、その魅力を際立たせるアクションも外せない。『アジョシ』(10)のウォンビンはナイフで心情を語っていたが、今回のゴンも激しい銃撃戦などなどで苦しみを代弁する。「そう。映画を観ていて、主人公を観ていて、カタルシスを感じたいじゃないか。だから、アクションも激しく盛り込み、男のドラマを作っていく。そうなってくると、当たり前だが、カッコいい男が活躍するドラマに仕上がっていく構成だ」。

ジョンボム映画の”男”は想像を絶する体験をしている場合が多いので、監督のパーソナルな要素を経験上投影しているとは考えにくいが、「ただ、自分が脚本を書いて演出しているので、主人公には、いくぶんか自分のキャラクターが入っていると思う」と告白。荒唐無稽なシチュエーション下でもキャラクターに感情移入しやすい説得力は、そこにある。観客とジョンボム監督は主人公に共通言語を持たせて、カタルシスを共有しているわけだ。「その意味では、自分の投影と言っても間違いじゃないよ。ビジュアル以外の面でね(笑)」。

映画『泣く男』は、大ヒットロードショー!

■参照リンク
『泣く男』公式サイト
http://nakuotoko.jp/Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。