ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

それ、ウチじゃできませんよ!? PCサポーターに投げかけられる「斜め上の要望」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
それ、ウチじゃできませんよ!? PCサポーターに投げかけられる「斜め上の要望」

世の中には、「PCサポーターはパソコンを使う作業全てに対応してくれる」と思い込んでいる方がおります。そういう方からお仕事をいただいた後で、「え、それはウチじゃできませんよ!?」と、とまどうことが多々あります。

あるお客様。「パソコンが得意じゃないので教えてほしい」という依頼でした。客先にうかがってみると、机には領収書の山。「この領収書をパソコンで入力して、税務署に提出する書類を作ってほしい」というのです。(文:光明隠歌)
サポーターは「補助業務をする人」じゃない

「ちょっと待って下さい。依頼内容と全然違いますよ!」
「え、だって税務署はパソコンで書類作れるって言ってたぞ? ソフトも入ってるし」

弥生会計やe-Taxの使い方の指導ならば、多少はサポートできます。しかし、その大量の領収書を私が入力するならば、別に料金が必要になりますが……。

「なんでだ! パソコンサポートなんだから、そういうこともするんじゃないのか!」

なるほど。「パソコン」の「サポート」すなわち「補助」ですね。できなくはないんですけどね。依頼内容と違う上に、拘束時間の計算も変わってきてしまうのですが……、と説明したところ、ボッタクリの悪徳業者呼ばわりされてしまいました。

確かに電話で「パソコンの使い方が」「入力が」とはおっしゃっていました。最初のヒアリングミスですね、失敗しましたということで、次回から気をつけようと前向きに考えないと、たまにやってられない時があります。

別のお客様は、「ICレコーダーのデータをパソコンに入れる方法を知りたい」とのこと。ICレコーダーの種類やどのような形式で保存しているか、パソコンに入れるためにどのように転送するかなど、いろいろ方法がありますので詳しくお聞きします、と言いました。

すると「よくわからないので、全部持っていきます」と、事務所に一式持っていらっしゃったのです。それも、デスクトップパソコン。そして、こうおっしゃいました。

「ICレコーダーの内容を裁判の証拠として提出するから、テープ起こしして!」

サポーターは「熱烈な応援団」でもない

大変申し訳ありません。「パソコンに入れる」というのが、Wordにテキスト入力する意味だと気づかなかった私が悪いのですが、テープ起こしはご遠慮させていただきます。ついでにいうと、裁判の証拠として提出する場合は、弁護士さんを通して専門の業者に依頼することが多いのですが……。

「弁護士はいらないって言ったけど、私が欲しいと思ったの! 忙しいって言って、まともにこっちの資料とか精査してくれなくて! 書類作ればやってくれるって言ったし!」

それから、裁判の内容だの、弁護士の対応が理不尽だの、愚痴を5時間も事務所で喋り倒した上で、「パソコンサポーターなんだから、できるでしょ? 勝てる裁判書類の作成とか、ちょいちょいって!」。

なるほど。パソコンを使った「サポーター=熱烈な応援団」ですか。そういう仕事は司法書士とか専門の方がおりますので、と説明しても納得されず、「まったく作業をしていないから」と、5時間分のヒアリング代も支払わずに帰られました。

このように、PCサポーターという仕事は、一般の方には「パソコン関係のなんでも屋さん」と思われているフシがあるのですが、何でもやるわけではありませんと声を大にして言いたいです。

あわせてよみたい:「女なんか事務しかできない」と言い放つ会社もある
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。