ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

早慶OB年収対決 OB平均年収は早稲田572万円で慶応632万円

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「私学の双璧」として130年以上張り合ってきた名門のパワーバランスに異変が生じている。各分野で早稲田が凋落を見せ、ライバル関係が崩れてきているというが、真の「大学の実力」は学力やスポーツだけでは計れない。本誌は独自の指標で、早慶のOB・学生の“優劣”をあぶり出した。

 カネが人生のすべてではないが、社会人なら最も気になるのは「年収」だろう。早慶OBには、年収面でも明確な差が現われるようだ。
 
 転職支援サービス「DODA」に登録した両校の卒業生を比較してみると、早稲田OBの平均年収は572万円、一方の慶応OBは632万円だった。日本のサラリーマン男性の平均年収は502万円で、両校とも大きく上回るが、ここでは慶応に軍配が上がった。

 年収差に大きな影響を及ぼしているのが「就職先」だろう。『週刊ポスト』8月15・22号で調査した「就職ランキング200社」によれば、高給で知られる総合商社では慶応が早稲田を圧倒している。慶応は三菱商事、三井物産など大手5社すべて採用人数トップ。メガバンクなど金融系も、三菱東京UFJ銀行、みずほフィナンシャルグループなど慶応が優勢だ。

「早稲田の牙城」と思われていたマスコミでも、テレビ東京や日本テレビでは慶応が多数派になるなど、逆転現象が起きている。

※週刊ポスト2014年11月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
早慶W合格者の8割が慶応へ 「早稲田は滑り止め」と高3男子
好業績に沸く総合商社への就職では慶大の強さが他大学を圧倒
早慶男子狙いの女子大 実践が多摩から渋谷へ移転で虎視眈々

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。