ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「今年の年賀状のデザインどうしよう……」 じゃあ”動く年賀状”なんていかが?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年賀状を出すのは楽しい反面、いろいろと大変なこともある。宛名を書いたり、入力したりする作業はもちろん、デザインをどうするかという点も悩みどころ。やはり、お洒落だったり、見ていて楽しい気分になるようなデザインにこだわりたいが、毎年、自分で作成するとなると、「さて、今年はどうしよう」と迷ってしまうことも。

そんな悩みを抱える人に、一度チェックしてもらいたい年賀状がある。その名もずばり、”動く年賀状”だ。

大手文具メーカー・ぺんてる株式会社から発売された「カクトAR」は、専用カードにペンで書き込んだイラストやメッセージにスマホやタブレットをかざすと、それらが3Dアニメとなって動き出す。アニメーションを楽しむ際は、スマホ側でも専用アプリをダウンロードする。製品名にも使われている「AR」は、「拡張現実」を意味する言葉で、「カクトAR」はイラストが2次元にとどまらず、そのまま現実に飛び出してくるのが大きな特徴だ。

専用カードをウェブサイトからダウンロードし、ハガキなどの媒体にプリントして使用する。専用カード用の画像が複数用意されており、年賀状用の画像が3種類、さらにクリスマス用の画像もダウンロードが可能。新年の挨拶に限らず、各種のグリーティングカードとしても活用できる。

今年の年賀状のデザインに迷っている人、あるいは毎年違うデザインで新しい楽しみを送りたい人は、この「カクトAR」を利用して、年の初めに楽しい驚きを伝えてはいかがだろうか。

参考情報(外部サイト)

描いたものやメッセージが動き出す驚きを贈るグリーディングカード“カクトAR”を発売/ぺんてる株式会社

関連記事リンク(外部サイト)

拡張現実
これが次世代の読書だ! 雑誌や書籍は眼鏡型ウエアラブル端末で読む
auスマートパス presents『進撃の巨人』プロジェクションマッピングにファン熱狂!60m級の巨人が目の前に

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP