体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「HOWEVER」から「BLEEZE」まで、GLAYの厳選15曲MVをdビデオとUULAで一挙配信

「HOWEVER」から「BLEEZE」まで、GLAYの厳選15曲MVをdビデオとUULAで一挙配信

今年メジャーデビュー20周年を迎えたGLAYの大ヒット曲から15曲のミュージックビデオをdビデオとUULAで11月5日より配信する。

今回配信する楽曲は、GLAYが初めてオリコン1位を獲得した「口唇」、シングル初のミリオンセラーを記録し、本日11月5日発売の13枚目のニュー・アルバム「MUSIC LIFE(2CD豪華盤)」にも収録されている「HOWEVER」、そしてボーカルのTERUが初めて作詞作曲を手掛け、今年のGLAY EXPOのテーマソングにもなった通算50枚目の記念シングル「BLEEZE」などを集めた厳選の15曲。

GLAYは、1994年のメジャーデビュー以降、常に日本の音楽シーンをリードし続け、CDセールス、ライブ動員数などで、数々の金字塔を打ち立ててきた。ミリオンヒットを連発し、1999年7月31日の幕張メッセ駐車場特設ステージで行われた単独ライブ「MAKUHARI MESSE 10TH ANNIVERSARY GLAY EXPO‘99 SURVIVAL」は、単独アーティストの有料ライブとしては世界最多の20万人を動員し、国内外で大きな話題となった。

今年の9月20日には東北・ひとめぼれスタジアム宮城にて、2004年以来10年ぶりとなる「GLAY EXPO」を開催し、東北で開催されたライブ史上最多となる55,000人を動員するなど、現在でも様々な記録を樹立し続けている。

メジャーデビュー20周年を迎えた今年も精力的に活動を続けており、東北ライブ史上最多となる5万5000人の動員数を記録した「GLAY EXPO」を10年ぶりに開催。さらに今月29日には全国アリーナツアー「GLAY ARENA TOUR 2014-2015 Miracle Music Hunt」の開催も予定している。

関連リンク

GLAY official site:http://www.glay.co.jp/
GLAY MOBILE:http://glaymobile.jp
GLAY Official Store G-DIRECT:http://gdirect.jp/
GLAY EXPO 2014 TOHOKU 20th Anniversaryオフィシャルサイトhttp://glayexpo.com/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会