ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋のゴキブリ対策 家具と壁を15mm空け柑橘系の果物を置く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 秋になったらゴキブリもいなくなると思ったら大間違い。涼しくなってからも、家の中でひっそりと物陰に隠れているのだ。そこで、この時期にできるゴキブリ対策について、『ゴキブリ取扱説明書』(ダイヤモンド社刊)の著者で、30年以上ゴキブリを研究する青木皐(あおき・のぼる)さんと、ゴキブリの生態に詳しいアース製薬広報室の野崎秀之さんにお話を訊いた。

●段ボールに要注意

「段ボールに付着した幼虫ゴキブリを荷物と一緒に自宅内まで“搬送”するケースが多い。箱の中身を家の外で取り出し、できるだけ段ボールは屋内に持ち込まないようにしましょう」(青木さん)

●柑橘系の果物を置く

 侵入を防ぐ手は他にもある。嗅覚の鋭いゴキブリは柑橘系のにおいが大の苦手だ。

「柑橘類に含まれる成分『d-リモネン』がゴキブリに効果を発揮します。レモンの果汁を数滴、水に混ぜて吹きつけるとゴキブリは動けなくなるほど。部屋の隅にレモンの皮やミント、ハッカなどハーブ類を置くと効果的です」(青木さん)

 柑橘系の芳香剤でもOKだ。

●家具と壁の間を15mm空ける

 青木さんがゴキブリの好む隙間を調査した結果、クロゴキブリは13mm、チャバネゴキブリは8mmを最も好むことが判明したという。

「家具を壁にぴったりくっつけても、隙間はどうしても生じます。家具と壁を最低でも15㎜ほど離すと、ゴキブリの大嫌いな風と光を取り込むことができ、ゴキブリにとって心地よい居場所をなくせます」(青木さん)

「風攻め」にするのもグッドだ。

「ゴキブリは風が嫌いです。好みそうな場所に扇風機などで定期的に風を送る方法も有効です」(青木さん)

●殺虫剤を使うなら「くん煙剤」

 この時期のゴキブリは暖かい隙間に集まる。

「冷蔵庫の裏側など、人の手が届きにくい場所に集まります。この時期のゴキブリは活動が低下し食欲はさほどないので、『毒餌剤』を使用するよりは、部屋の隅々まで薬剤が行き届く『くん煙剤』が効果的です」(野崎さん)

 ゴキブリの卵は「卵鞘」と呼ばれる硬い殻で覆われたカプセルに入っており、くん煙剤が効かないので注意が必要だ。

「気温にもよりますが、一般的にゴキブリの卵は2~3週間でふ化します。一度くん煙剤を使い、卵がかえる2〜3週間後にもう一度使用すると一斉に退治できます」(青木さん)

 この時期の努力が来年のやつらとの戦いを左右する。さっそく対策を!

※女性セブン2014年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
反射神経発達のゴキブリ 人間に当てはめると時速170kmにも
秋でも発生のゴキブリ 服に幼虫が付き自宅に侵入のケースも
妻がゴキブリを掃除機で吸い取ろうとして夫婦ゲンカに発展

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP