ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

会社を休む体温は人それぞれ? 平熱が35度台なら「37度超えたら高熱だよ!」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

季節の変わり目で、体調を崩す人が出てくるころだ。すでに職場でも風邪をひいて休む人が出ていると思われるが、「今日は出社できない」と決める目安はどこにあるのだろうか。

女性向けコミュニティサイトのガールズちゃんねるには10月27日、「熱が出て会社を休んでもいい自分基準の熱は何度?」というスレッドが立てられ、100件を超えるコメントが寄せられている。
境目は「37度5分」という意見が目立つが

スレ主は、以前は勤めていた会社が休みに厳しかったため、自分で「休んでいいかな」と判断するのは38度以上とし、37度の熱でも出社していた。しかし、いまの会社が休むことに寛容なので、基準が分からなくなってしまったようだ。

コメントの中で目立つのが、「37.5度だと体がだるく動けなくなるので休みます」という意見だ。平熱より1度程度あがると、寒気や頭痛などの風邪の症状が本格的に出てきて仕事にならない、という書き込みが多い。

それでも職場で「何か言われるのではないか」と心配な人は、会社には正直に言わず、さらに1度上乗せして「38.5度ありますので」と報告して休むという。

逆に、37度ぐらいでは出社するという書き込みが少なくない。その程度の熱なら「会社に言っても笑われてしまう」「薬を持って仕事に行っちゃう」という人もいた。

ライオンが2011年に成人男女1000人を対象にした調査では、「会社の同僚や上司、部下が何℃以上の熱があったら会社を休んでも仕方がないと思うか」と聞いたところ、48.8%が「37.6~38.0度」と回答したという。

ただ、何度からが高熱かという捉え方は、人によっても同じではないため、「36.8ぐらいでもきつい」と明かす人もいる。平熱が低いと、普通の人の平熱程度でも倦怠感が出る。

平熱が36度未満という人は、医師から「平熱35度台の人が37℃越えたら高熱だよ!」と言われたという。ただ、上司や同僚にはなかなか理解されないことが多いようで、「平熱が低いと本当に損です」と書き込む人もいた。
体温計る「熱はない!」と思い込む人も

一方で、熱を計るから高熱が発覚するのであって、1人も欠けることができない人手不足の職場では、「熱ありそうって思っても体温計らずに熱はないって思い込む!」というタフな人(?)もいた。

もちろん、熱がなくても、下痢や嘔吐、咳などの症状が強く出ていれば仕事にならない。特に高齢者に風邪をうつせない医療や介護に従事している人は、「吐き気と熱がある時は微熱でも休みます」と慎重だ。休むかどうかは仕事の進捗状況によっても変わる、という人もいる。

「その日やらなきゃいけない仕事がある日は、40℃あっても点滴打ってでも行く」
「仕事が忙しい時期なら、インフルエンザとかでない限り、熱があっても行かなきゃどうしようもない」

しかし、職場で風邪が広がって、他の人がダウンすれば、それだけ仕事が滞ることになる。病院に行かずに微熱で出社した人が、実はインフルエンザだったために感染が拡大し、職場が一時閉鎖状態になったという書き込みもあった。

ただし他人の苦痛というのは、なかなか分からないもの。「這ってでも来いとか、無理することが美徳みたいなの、バイオテロだと思う」と厳しく批判する人もいたが、あなたの職場の上司はどうだろうか?

あわせて読みたい:「女は事務しかできない」という差別

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP