ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KEYTALK、メジャー初ライブ映像作品は赤坂BLITZワンマンを収録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KEYTALK、メジャー初ライブ映像作品は赤坂BLITZワンマンを収録

東京・下北沢発4人組ロックバンドKEYTALKのワンマンツアー「KEYTALK SUPER EXPRESS TOUR 2014」が10月29日にスタートした。今作は4曲全リード楽曲と言っても過言ではない作品となっており実施された大阪、福岡、広島公演でファンを沸かせ全曲リード曲と言われる所以を実証した。そして、12月17日リリースするLIVE DVD「OVERTONE TOUR 2014 at AKASAKA BLITZ」の詳細が発表となった。

今年5月にリリースしたメジャー初のフルアルバム「OVERTONE」で急速に知名度を上げ、その後開催された全国ツアー「KEYTALK”OVERTONE TOUR 2014″」は全公演チケット即完売。ライブバンドとしてシーンでの立ち位置を確立させた東京公演である赤坂BLITZでのワンマンライブの模様を収録したメジャー初の映像作品となる。

表題曲「MONSTER DANCE」はテレビ朝日系列全国放送(フルネット24局)「musicるTV」11月度オープニングテーマとJVCヘッドホン「ぴたスマ」CMソングに決定しており、すでに下記のキャンペーンサイト公開されたKEYTALK×JVCヘッドホン タイアップCMプロモーションが11月3日より本格化する。

KEYTALKとJVCヘッドホンがコラボしたJVCの新商品“ぴたスマ”イヤホン「HA-FX19」(“ぴたスマ”イヤホン「HA-FX19」…ピタッとスマホに貼れる吸盤付きコード巻き取りホルダー付属のインナーイヤホン【全10色】JVCより発売)の「ぴたスマCM」は「MONSTER DANCE」のミュージックビデオと完全リンクしたオリジナルバージョン映像。一部先行発売されているKEYTALKロゴ入り限定モデル“ぴたスマ”イヤホン「HA-FX19K」【全4色】本日(11月3日)より発売開始する。様々なKEYTALKタイアップ映像が楽しめるARキャンペーンやプレゼントキャンペーンが同サイトでスタートしている。

本格化する街頭プロモーションは屋外フラッグ広告(11月1日〜11月30日、下北沢南口商店街)を皮切りに、駅サイネージCM広告の第1弾が11月3日〜11月9日、渋谷駅 東急東横線 ヒカリエ改札口の70インチ縦型モニター28面のサイネージで放映スタート。4面の柱には4人のメンバー映像がシンクロして放映する新しい演出が仕掛けられているようだ。

JVCヘッドホン | Draw your sounds!
http://www3.jvckenwood.com/accessory/lifestyle/?ad=ve_avc-20141103

「MONSTER DANCE」ミュージック・ビデオ

リリース情報
LIVE DVD「OVERTONE TOUR 2014 at AKASAKA BLITZ」
2014年12月17日発売
初回限定盤(ブックケース仕様&フォトブック付属)VIZL-762 4,500円+税
通常盤 VIBL-735 3,800円+税

収録曲
1. パラレル
2. コースター
3. はじまりの扉
4. お祭りセンセーション
5. UNITY
6. BEAM
7. fiction escape
8. MURASAKI
9. シンドローム
10. YGB
11. サイクル
12. メロディ
13. Siesta
14. 雨のち。夏、
15. バミューダアンドロメダ
16. トラベリング
17. sympathy
18. 太陽系リフレイン
19. プルオーバー
20. blue moon light
21. MABOROSHI SUMMER
22. 夕映えの街、今

特典映像「OVERTONE TOUR 2014 -下北沢打ち上げスペシャルワンマンライブ-」
収録曲
1. zero
2. アーカンザス
3. アゲイン
4. A型
5. color

関連リンク

KEYTALK オフィシャルサイトhttp://www.keytalkweb.com/
KEYTALK オフィシャル facebookhttps://www.facebook.com/KEYTALKofficial
KEYTALK Twitter Offcialhttps://twitter.com/KEYTALKtweet
GMpVhttp://www.jvcmusic.co.jp/gmpv/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。