ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

後藤まりこがSHELTER3日間6公演全力疾走、新曲「スナメリ」フルMV解禁

DATE:
  • ガジェット通信を≫

後藤まりこが東京・下北沢SHELTERにて1日2回公演、3日間で全6公演のライブを完走した。

当初、ニューアルバム「こわれた箱にりなっくす」レコ発イベントの予定だった本公演だが、発売が延期になった為“レコ発前レコ発イベント”となった。1日目の昼公演はギターに加え、シーケンストラックをパソコンで流しながら一人で立ち向かう編成「ストロングスタイル」で登場。今後ライブでの定番になるであろう新曲の「関東ローム層」で掛け声とともに幕開け。間髪入れずに続けて再び「関東ローム層」を披露し、更にライブの締めくくりに3度目の「関東ローム層」を披露した。

その後も激しいステージは続き、MCでは約1年ぶりにアルバムが発売出来る喜びと感謝をファンに伝えた。夜公演では昼公演と打って変わって着席スタイルでの弾き語りライブ。ライブの終盤では、アルバム収録楽曲「好き、殺したい、愛してる」に乗せてPCの中のラブレターをしっとりと読み上げ、最後には客席の中に入っていきオーディエンスの手拍子の中「HARDCORE LIFE」を熱唱した。

2日目も「ストロングスタイル」で幕開け。夜公演はKovacs(mitton)、キーボードのテラヴァインとの3人編成で打ち込みスタイルの「後藤まりこお寿司大好き17歳」を披露。ライブでの定番楽曲のリミックスバージョンや、途中挟まれる「おすしずか」という不思議なジングルや後藤まりことしては珍しいEDMナンバーも披露し、いつものライブとは違ったアゲアゲな一面でファンを魅了した。

最終日の「ストロングスタイル」は新曲「Re:なくす」で幕開け。アンコールではミドリ時代の名曲「POP」を弾き語りで披露し、涙ぐむファンが続出した。夜公演はお馴染みのバンドスタイル。待ってました!と言わんばかりの熱気に包まれ、フロアにダイブしながらハードなナンバーを連投していった。ライブ終盤では6公演のライブを振り返りつつ「3日間6公演ありがとう!これからもむちゃくちゃしよう!」と語り、ダブルアンコールでは「関東ローム層」をオーディエンスの頭上で担がれたまま熱唱し、ファンもまたクラウドサーフした。

また、バラバラで一部ずつ解禁されていた「スナメリ」ミュージック・ビデオのフル尺が解禁となっている。

Photo by 朝岡英輔

「スナメリ」ミュージックビデオ

リリース情報
アルバム「こわれた箱にりなっくす」
2014年11月12日発売

初回限定盤(CD+DVD)KICS-93127 2,750円+税

通常盤(CDのみ)KICS-3127 2,300円+税

関連リンク

後藤まりこ オフィシャルサイトhttp://510mariko.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP