ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

死んだ後は宝石に・・・遺灰からダイヤモンドを精製するサービスが話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

死んだ後は宝石になれる…そんなサービスが提供されはじめたとしたら、みなさんはどのように考えるだろうか。

スイスにあるAlgordanza社によると、亡くなった人を荼毘にふしたあとの遺灰から、ダイヤモンドを精製、それを宝飾品として身につけることができるというサービスが考案され、話題となっている。これまでも、実験レベルでは、遺骨からダイヤモンドを精製する技術は試みられてきたが、それを商用サービスとしてここまで大々的に展開しはじめたのは同社が初めて。

なお、同社によると、この技術は遺灰に強烈な圧力と熱をかけて行うのだというが、同社のサイトなどで公開されている実物写真は、まさに普通のダイヤモンドと同じ。遺灰の中に含まれている成分などが反応し、青みがかった色などになることもあるというが、そのいずれもが、宝飾店などに展示されていても何ら違和感のないものばかりだ。

こ の「遺灰ダイヤ」、その製作にあたっては、約3ヶ月程度の時間と、5000~2万2000ドルの費用がかかるとのこと。希望者が殺到する一方で、倫理的な問題を指摘する声もあがりはじめているだけに、今後、どのような展開をもたらすか気になるところだ。

文・山田浩一

【参照リンク】
http://www.npr.org/2014/01/19/263128098/swiss-company-compresses-cremation-ashes-into-diamonds Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP