ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バーチャルリアリティの世界に新風!“物体の感触”を再現する外骨格型グローブ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今や“バーチャルリアリティ”はSFの世界のものではなく、現実の身近なテクノロジーになりつつある。「バーチャルな世界を見るだけでなく、感じる」という体験は、初期のものだと、コントローラーが振動することで再現されることが多かった。

 

 

物体に触れたときの“抵抗感”を再現

現在では、ウェアラブルデバイスが活況を見せているが、「Dexmo」もその1つ。単なる振動によるものではない、“触覚”を表現する外骨格グローブだ。装着者の指に、物体を触ったときに感じる“抵抗感”を感知させるという。例えば、バーチャルの物体を画面内で触れたときに、“その物体を触った”感触をグローブを通じて体感できるのだ。

独自のブレーキシステムを採用

この「Dexmo」には独特のブレーキシステムが導入されている。非動作状態のときは、装着者は指を自由に動かすことができるが、スイッチが入ると、それぞれのブレーキ機構が作動し、ユーザーの指が上、または下に動くのを妨げ、それによって“固い物体に触れている”ような状態を再現する。

例えば、ユーザーがバーチャルのボールをつかんだ場合、ブレーキが作動して、ある特定の地点で指が動かないようにし、これによって“手の中に球体がある”という感覚を体感できるというわけだ。

バーチャルな世界に新たな手法を

画面内のアクションに呼応するフォースフィードバックの技術は、適切なプログラミングをおこなうことで実現でき、ほぼ即座に指令の変換が実行されるという。この技術は、ゲームなどでバーチャルのキャラクターの腕を動かしたり、手を使ったアクションをするなど、これまで以上にリアルなバーチャルリアリティの世界を生み出していくことだろう。

現在、資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを開催中で、うまく進めば、2015年5月に提供を開始する予定だ。

Dexmo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP