ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性漫画家が紹介 ランチで女のひとり飯を充実させる7か条

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ここ数年、独身世帯の増加などを背景に女性のひとり飯が増えている。

 18才で宮崎県から上京した漫画家の日高トラ子さん(38才)は、女ひとり飯歴20年! その体験を生かしたエッセイコミック『東京おんな一人飯』(角川書店刊)を出版した彼女は、ひとり飯初心者にランチをすすめる。

「ランチのほうがひとり飯のハードルは低い。会社員は休憩時間が決まっていますから、急いで食べることに夢中なんです。相席に誰が座ろうが気にしません。また、ランチで気に入った店があれば、夜に行ってみたらいいと思います。一度お店に行っているから、初めてのお店より安心して入れると思います」(日高さん、以下「」内同)

 そこで、日高さんがランチひとり飯を充実させる7か条を紹介。

●あえてサラリーマンであふれるお店を選ぶ

「ランチのお店選びは、混み具合で一目瞭然です。サラリーマンが吸い込まれるように入っていく店は、たいていおいしい」

●おいしさのバロメーターは手書きメニューにあり

「ランチメニューには日替わりがあります。毎日、これを黒板やホワイトボードに手書きで書いている店は、料理にこだわりを持っている。旬な食材を選ぶなど工夫をしていることもあります」

●注文は席に着く前に決めておく

「初めて行く店だから、メニューを見るのも初めて。混雑のランチタイムでメニューで注文を迷ってしまうと、他のお客さんに迷惑をかけてしまいます。ランチ時は店外に看板があることが多いから、それを参考にして入店前に注文を決めておきましょう」

●待っている間は夜のメニューをチェック

「テーブル席やカウンター席どちらでもたいてい夜用のメニューを置いています。値段や品目がわかり、夜に行く際の参考になります」

●ティッシュやハンカチは必ず持参

「おしぼりやナプキンがない場合があります。必ず持参してください」

●トイレはあらかじめ行っておく

「ランチ時、店内のトイレは混んでいるから、事前に駅のトイレなどに行っておいてください」

●夜のデビューは女性客の多い店を選ぶ

 いざ夜のひとり飯デビュー。ランチと違って女性客の多い店を選びたい。

「男性ばかりのお店だと、ひとり浮いてしまって、初めの一歩で躓いてしまうかもしれません。夜のひとり飯は女性客の多い店から始めて、徐々にハードルを上げていきましょう」

 以上の7か条を守ってひとり飯に挑戦してみよう。

※女性セブン2014年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
夏に人気・甲子園球場の串キュウリ 一本串刺しの大胆な一品
思わぬ交流が持てる「ひとり飯」 常に繋がり求む女性が支持
「冷めても美味だった」で完成 鶏の旨み凝縮冷やしタンメン

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP