ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

美女が巨大扇風機に立ち向かう怪しい撮影現場に潜入 『ロッテ のど飴』の“乾燥お姉さん”って何?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


夏の暑さも過ぎ去り、季節は秋。今年も残すところ2か月を切ってしまいました。この時期になると空気が乾燥し、肌だけでなくのども乾燥しがち。


『ロッテ のど飴』では、11月4日より、全国マップで空気の乾燥度を教えてくれる特設サイトを公開。各地方や都市でどのくらい空気が乾燥しているのかを“のど飴指数”として表示し、毎日更新しています。

そして筆者が毎日楽しみにしているのは、サイトに日替わりで登場する“乾燥お姉さん”たち。天気予報で登場する女性キャスターのような役割で“のど飴指数”を教えてくれるだけでなく、お姉さんらが巨大扇風機の強風による乾燥に立ち向かう“強風チャレンジ動画”を公開しています。一見するとシュールな感じですが、某ミニ番組で美女が全力で坂を上っていたり、全力でラーメンをすすっていたりする映像って、みんな大好きじゃないですか! このたび全力で強風に挑んだ乾燥お姉さんは全部で37人。12月24日までの月~金曜日に、毎日違った表情を見ることができちゃいます。

ということで、実はその撮影現場に潜入していた筆者が、美女vs巨大扇風機の様子をレポートいたします。撮影現場もかなりシュールでしたよ!


スタジオでひときわ大きな存在感を放っていたのは、その直径が自分の身長以上もある巨大扇風機。


乾燥お姉さんたちはこの巨大扇風機に向かって10メートルほどの距離を歩き、その手前に設置された『ロッテ のど飴』を目指します。乾いたのどを『ロッテ のど飴』でスッキリさせたところで、それぞれの決め台詞を言うというわけです。強風に晒(さら)された表情もばっちり押さえられるように、計算に計算を重ねたカメラセッティングがなされていました。


撮影のために集まった女性たちは、一様に不安げな様子。それも当然で、巨大扇風機に立ち向かうなんて経験は、おそらく芸人さん以外で体験したことがある人はいないでしょう。伺ったところ、風の強さは風速25から30メートルくらいとのこと。気象庁が定める目安では、「樹木全体がゆれる。風に向かっては歩きにくい」とされる強さです。



そしていよいよ撮影がスタート。チャレンジに臨んだ女性らは、風圧を受けてなかなか進めず、一度立ち止まってしまう場面も。


巨大扇風機の手前では、いったいどんな表情になっているのか……。撮影現場にいながらにして、すでに動画の完成を心待ちにしていましたよ。

無事に撮影を終えた彼女たちは、「歩けるかな? と思うと、風力を上げられて押し戻されるんです。(風の強さを)調整していた人、かなりのSですよ(笑)」「台風の時でも経験したことがない風の強さでした」とテンション高めに感想を述べてくれました。


さて、目の前にこんな面白そうなものがあったら、体験してみたくなるのは当たり前。筆者も、巨大扇風機による強風体験に挑戦しちゃいました!


巨大扇風機から吹き出された強力な風に行く手を阻まれる筆者。のどがカラカラに乾燥する中、何とか『ロッテ のど飴』を手にしたいと突き進みましたが、乾燥によるダメージはのどだけにとどまりませんでした……。「あれっ? 目が……、見え……ないぞ?」


受けた強風で乾いてポロリと落ちたコンタクトレンズ。レポートしたかった趣旨とは異なるオチが付いてしまいましたが、それだけ威力がある強風と乾燥に立ち向かうお姉さんたちの表情が見られるということです。


完成したチャレンジ動画は、スーパースローを用いたダイナミックな映像とオーケストラが奏でる重厚なBGMが相まって、まるで競技大会に挑むアスリートを映し出したような迫力。


そしてさらに、毎日更新される動画を欠かさず見たくなる理由をもうひとつ明かしましょう。37人の乾燥お姉さんたちは、みんなその出身地がバラバラ。「強風やったけん、大変やった」「なまらびっくりした」など、各地の方言が織り交ざったそれぞれの個性あふれるコメントにも注目です。

寒さと乾燥が厳しくなる冬に向け、“のど飴指数”でその日の空気の乾燥具合をしっかりチェックして、日替わりで登場する乾燥お姉さんたちに癒されてみては?

ロッテのど飴 乾燥お姉さん:南野恵子さん(YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=Kyb1RIMMMfs

ロッテのど飴“毎日更新!? 乾燥お姉さん”:
http://kansou-onesan.jp/

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP