ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

職人による完全手作り 美しすぎる高級iPhone6用ケースは”越前本漆塗り”

DATE:
  • ガジェット通信を≫

iPhoneに何を求めるかは人それぞれ。ビジネスシーンでの活用だったり、遊びを充実させたり、あるいはお洒落なファッションアイテムとして。こうした幾通りもの楽しみ方があるのもiPhoneの醍醐味の一つだろう。

職人による完全手作り 美しすぎる高級iPhone6用ケースは”越前本漆塗り”

iPhoneにどんなアプリをインストールするかという点にもユーザーの個性は表れるが、もう一つ重要になってくるのが、「どんなケースを選ぶのか」ということ。デザインはもちろん、最近ではいろいろな機能を持つiPhone用ケースが発売されており、変わったところでは十徳ナイフ内蔵のものや、アロマディフューザー兼用のものなんかもある。

そんな中、デザイン面に特化した、実に趣きのあるiPhoneケースが登場した。漆塗りが施されたケース……、製品名もずばり「漆のiPhoneケース」がそれだ。

「漆のiPhoneケース」は受注生産製。店頭に行って、ひと目見て気に入ったから買ってみてその場ですぐ手に入る、というわけにはいかないのだが、これにはワケがある。このケースは職人による完全な手作業によって作られるため、製作期間にそれなりに時間を要する。現在発表されているところでは、製作期間、および納期は約3週間。職人が丹念に仕上げ、そしてそれだけのクオリティーが保証されている。

製作を手掛けるのは、福井県鯖江市にある工房「粂治郎(くめじろう)」で、こちらは創業100年以上を誇る老舗。塗り・乾燥・蒔絵付け・磨き仕上げ、これらすべての作業工程が伝統ある手法、そして脈々と受け継がれてきた高い技術のもと行われる。ケースのデザインによっては、「粂治郎」だけの技術が用いられている。

そのケースのデザインだが、現在選べるのは「雲」「波」「春香花丸」「蝶」「桜花爛漫」「鍔」「牡丹唐草」の全7種類(※2014年10月25日時点)。新しいデザインも続々と公開されていく予定。見た目の美しさ、そして独特のすべらかな手触りは、この漆のiPhoneケースだからこそ実現したものといっていいだろう。

最先端の電子機器を、日本の伝統工芸品で包むかっこ良さ。派手さはないかもしれないが、そこにはしっとりと、そしてずっしりとした日本伝統の美しさが備わっている。

参考情報(外部サイト)

クリップス、越前本漆塗りのiPhone6ケースを発売

関連記事リンク(外部サイト)

iPhone 6とiPhone 6 Plusをフルに楽しめるのは?
iPhone 6の発表にもあった「キャリアアグリゲーション」って何?
驚異の130Mbps超えも! 東京タワーでCAの”爆速”を体感

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。