ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新聞記者 会食で民主党はケチで割り勘だが自民は個室で無料

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 都内の高級レストランなどで開かれる新聞・テレビ各社の幹部が安倍晋三首相を囲む「オフレコ懇談会(オフ懇)」。オフ懇の会食費は、1人1万円はくだらないが、首相との懇談会費用は官房機密費か、時に首相の事務所から支出されることもあるという。

 官房機密費は国民の税金を原資とし、領収書も使途の公開も不要の秘密経費だ。安倍氏は、大メディアの首脳や幹部記者とこまめに会食を重ねており、それら費用の多くも機密費からの支出と推測される。

 大手紙のベテラン政治記者はこんな言い方をする。

「民主党政権はケチだったけど、安倍自民に政権交代して雰囲気が変わった。与党議員側から食事の誘いがかかるときはだいたい高級料理店の個室。もちろん支払いは向こう持ち。民主党政権時は割り勘も多かったから“情”の移り方も違う」

 カネで籠絡する自民党の伝統芸であるが、こんなに簡単にエサに食いつく記者たちの、なんと心の貧しいことか。

※週刊ポスト2014年11月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
民主党政権機密費35.2億円 「内ゲバ」「増税」に使用の可能性
政権交代の最後の儀式は官房機密費の“山分け”だった
外務官僚 かつての外相・田中真紀子氏を「婆さん」呼ばわり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP