ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国のIKEA 商品のベッドで客が靴脱ぎ布団をかぶって熟睡

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 上海から飛行機とモノレール、バイクタクシーを乗り継ぐこと約4時間。内陸都市・武漢市郊外に今秋オープンした日本でも人気の北欧家具店『IKEA』武漢店に入ってみると、そこには驚きの光景が広がっていた──。
 
 写真のように、客は自宅同然にくつろぎ、ベッドの上では靴を脱ぎ布団をかぶって熟睡。売り物の棚や収納ボックスにも平気で尻をのせるほか、見本品のソファやテーブルでは持参したミカンやお粥などを音を立てて食べ始めた。店員が注意する様子も見られなかった。
 
 トイレが混雑していたためゴミ箱で排泄させる母親の姿も。中国のIKEAは北京、上海など全16店舗。いずれも世界有数の規模だそうだが、マナーの悪さは間違いなくベスト16を独占するだろう。

●写真/西谷格(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2014年11月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ベテラン書店員が綴る 出版・書店業界の現状に迫るエッセイ集
中国の豚骨スープと喫煙に関するあまりにもひどいジョーク
中国の公園 案内板に「ミッキーマウスと上海式建築の融合」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP