ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

逸ノ城 立ち合い変化に物議も「作戦のひとつ」と意に介さず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新入幕にして1横綱、2大関を破り13勝で、昭和以降初となる新入幕翌場所での関脇昇進を果たした逸ノ城(21=湊部屋)。人気が低迷している角界に現われた21歳の超新星は、モンゴル出身力士の中でも初めての遊牧民出身だ。

 鳥取城北高での3年間の相撲留学中は、モンゴルの家族とは3か月に1回しか電話連絡を取ることが許されず、雨の日に外で泣いたこともある。今年1月の初土俵以来、里帰りは名古屋場所後の1度だけ。両親には「ケガだけはしないように頑張れ」といわれた。

 そんな逸ノ城を「日本の母」であるおかみさんが、毎日のように部屋から国技館まで車で送迎した。おかみさんはモンゴルの音楽を車中で流し、逸ノ城がリラックスできるようにサポート。周囲の人たちに支えられながら、怪物は躍進をとげた。物議を醸した立ち合いの変化について聞いた。

「立ち合いが合わなかったので(変化するという)考えを変えた一番もあるし、前夜にビデオを見ながら(変化しようと)決めた一番もある。これも作戦のひとつ。ただ、やるからには思い切ってやろうと決めている」

 と、まったく意に介さない。あまりのスピード出世のために、髷を結う段取りが組まれたのは10月27日の新番付発表当日。真価が問われる九州場所について聞くと、

「とても楽しみ。早く始まらないかな。次に当たる時は横綱(白鵬)の左上手が取れるようにしたい」

 と、笑顔を見せた。白鵬が「あいつはいつかオレを抜く」と周囲に漏らし、お騒がせ横綱の元朝青龍が「このガキ、横綱になるよ」とツイッターでつぶやく逸材。大相撲人気を牽引する21歳から目が離せない。

◆逸ノ城駿(いちのじょう・たかし):1993年4月7日生まれ。モンゴル・アルハンガイ出身。2010年、鳥取城北高に相撲留学。卒業後に実業団横綱となり、2014年1月場所で外国人初の幕下付出デビューを果たす。初土俵から4場所での新入幕は史上2位タイ。

撮影■太田真三 取材・文■鵜飼克郎

※週刊ポスト2014年11月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
怪物発掘の旭鷲山「第二の逸ノ城はモンゴルに幾らでもいる」
朝青龍 モンゴルの大統領になる宣言をし「白鵬なんか…」
遊牧民出身力士・逸ノ城 「仔馬を軽く投げ飛ばしてました」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP