ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャニーズJr. 一般社会なら契約社員、デビューで正社員

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 10月14日に放送された『中居正広のミになる図書館』(テレビ朝日系)で、アイドル王国ジャニーズの過酷なまでの下積み生活が明らかにされた。

 そこでは、中居正広(42才)を筆頭にキスマイの北山宏光(29才)、Sexy Zoneの中島健人(20才)、そして現在、『黒服物語』(テレビ朝日系)に出演中の人気Jr.の安井謙太郎(23才)だ。そこで中島と安井が「煽りJr.」「マイクJr.」「フッキングJr.」「旗Jr.」「回廊Jr.」「モップJr.」なるJr.の階級を大暴露。

 番組の中で、中居は中島に「このなんとかJr.は全部やってるの?」と質問すると、「やってないですね」と明かし、さらに、周りの通路などで踊り、ステージには上がれない「回廊Jr.」について、「回廊Jr.とかわからないっす」と爆弾発言。これには全Jr.経験者の北山と安井は苦笑いを浮かべ、そして北山は「エリートなんですよ!」と負け惜しみを言うのが精一杯だった。

 ジャニーズではCDデビューがJr.卒業の証。それはどんなにJr.で人気者となっても、変わることはない。

「あるJr.メンバーが話していたのが、“デビューしないと明日への保証がない。一般社会でいうと、自分たちは契約社員で、デビュー組は正社員なんです。だから、いつも不安なんです”と。だから彼らはデビューを目指すわけです」(テレビ局関係者)

 中島のようにジャニーズ入り直後にCDデビューを果たすエリートもいる一方で、なかなかデビューできない苦労人も。北山は後者で、デビューまでに9年3か月という歳月を要している。デビューが決定したとき、北山はこう語っている。

「下積みが長い、長いといわれますけど、本当に長くて…。年下が先にデビューしてしまうときとか、気持ちが折れそうになったことはありました」

 TOKIOの国分太一(40才)もデビュー前に不安な気持ちを抱いていたことをある番組で明かしている。

「新しいグループがデビューするとなると、今まで頑張っていた同期の人間とかが“もうぼくらはデビューできないんだ”と言って辞めちゃったりすることが多かった」

 実際、V6の坂本昌行(43才)と長野博(42才)は一旦辞めて、戻ってきた出戻り組なのだ。

※女性セブン2014年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
Xmasコンサート開始の関西ジャニーズJr.「デビューさせて!!」
ジャニーズWEST ジャニーさんに直談判し続けデビュー果たす
タッキー主催ジャニー喜多川誕生会 ジャニーズ50人が参加

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP