ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画愛好家の昭和天皇『ミッキーの捕鯨船』で美しい映像堪能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月9日、宮内庁は昭和天皇の生涯を記録した『昭和天皇実録』(以下、『実録』を公表した。全61冊、1万2000ページに及ぶこの『実録』は、複雑に絡み合った「昭和」という近現代をひもとくうえで、極めて重要な資産になるだろう。

『実録』を読んでいると、昭和天皇が映画鑑賞される場面が多数登場する。戦争映画の名作から、ニュース映画、漫画映画(アニメ)までジャンルは幅広いが、ご覧になっていた映画から、その時代が読み解ける。

 昭和天皇は、その生涯で膨大な数の映画をご覧になった。『実録』の中からその一部を紹介するが、様々なジャンルを鑑賞されていたことがわかる。映画評論家の福田千秋さんは、こう語る。

「ご覧になっている映画から、当時の世相が偲ばれます。『将軍と参謀と兵』『ハワイ・マレー沖海戦』など、戦争に関する映画、ニュース映画が多い。情報収集など政治的意味合いがあったのでしょう。

 同時に、『ミッキーの捕鯨船』というディズニー短編アニメもご覧になっている。当時としてはスムースな動きやカラーの美しさを楽しまれたのでは」
 
 終戦直前の『最後の帰郷』は、特攻隊に志願する兵士の物語で激しい戦闘シーンもあるが、「ギリギリの戦況のなか、陛下がどんな思いでご覧になったのか、考えさせられる」と福田さん。実録には《侍従小出英経の説明をお聞きになる》とあるが、感想などは書き記されていない。

 一方、陛下は家族団らんの場でアニメを含む作品を鑑賞されており、時に側近とも一緒にご鑑賞になった。戦後は、娯楽作品やヒット作も大いに楽しまれた昭和天皇。前出・福田さんは言う。

 「戦前の『別れの曲』や、戦後の『サウンド・オブ・ミュージック』『ウィーンの森の物語』など、音楽関係の映画もよくご覧になっている。リストの作品を拝見すると、かなり映画がお好きだったと見受けられます」

※SAPIO2014年11月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
昭和天皇の思想形成、政治や戦争との関わりについて迫った書
天皇陛下は紅白歌合戦をご覧になり年越しそばは召し上がるか
皇室取材20年以上の元カメラマンが間近で見た昭和天皇の素顔

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP