ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ここでしか食べる事が出来ない病みつきグルメ!東中野の「鉄板麺」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


東京は東中野。新宿からもほど近い場所にあり、通勤や通学にも非常に便利な街。この街で30年以上愛され続けており、1度食べると病みつきになってしまうグルメがある事をご存知だろうか?

そのグルメの名前は「鉄板麺」。「鉄板麺」はJR東中野駅東口から徒歩1分のところにある「大盛軒」でしか食べる事ができない、病みつきグルメだ。

お店の名前が大盛軒というだけあってお客のほとんどが男性である。お店に入るとすぐに目に付くのが1ガロン(3.8リットル)の巨大なタバスコだ。実はこのタバスコ、「鉄板麺」には欠かす事のできない調味料なのだ。


鉄板麺とはアツアツに熱せられた鉄板の上に、キャベツが敷き詰められ、その上に茹でられた豚のバラ肉が載せられた、肉野菜炒めのような料理。

しかしこのお店独自のタレがかかっており、その味が鉄板麺たるゆえんなのだ。非常にさっぱりとした味付けで、見た目のボリュームとは裏腹に、いくらでも食べ進める事ができる。

着席したら鉄板麺が来る前に、まずは食べ方を予習しておきたい。

まず鉄板麺が目の前に届いたら、アツアツでジュゥジュゥと音をたてている鉄板の真ん中を、勇気を持ってかき分けて卵を落とすスペースを作らなければならない。

その卵のスペースに生卵を割り入れたら、時間との勝負だ。お好みで添えられたニンニクチップとオニオンフライを加え、さらにタバスコを振りかける。好みのトッピングがおわったら一気に鉄板の中身をかき混ぜるのだ。

アツアツに熱せられた鉄板の上で、全ての具材とトッピングが絡まり合い、えも言われぬかぐわしい香りに包まれたら準備完了だ。

まずはそのままで味わってみてほしい。単なる野菜炒めともちがう、ファーストインプレッションは豚バラのウマミとキャベツの甘みが非常にマッチした味わい。

そこへオリジナルのタレに投入したタバスコとニンニク&オニオンチップが絶妙な加減で絡まってくる。タバスコの酸味が少し熱を加えられてウマミへと変化し、さらにサッパリとした後味をもたらしてくれる。

まさに箸がとまらない味わいとはこのことだ。そんな最高のオカズと白飯との相性は言うまでもなく最高なのだ。

さらにこのメニューは「鉄板麺」。この最高のオカズはラーメンとの相性もバツグン。あっさり味の昔ながらの醤油ラーメンとこの最高のオカズをあわせると、白飯とはちがう、別次元のウマさを体験させてくれる。

白飯でも最高、ラーメンでも最高、まさに病みつきになってしまうレベルの味わいなのだ。このお店が多くの芸能人からも愛されているのも理解できる。

少し寒くなってきたこの頃。東中野でしか食べられないアツアツの病みつきグルメで、寒くなった体を暖めてみてはいかがだろうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 大盛軒 (オオモリケン)
住所 東京都中野区東中野1-51-1
営業時間 03-3371-5743
定休日 無休(年末年始は休業)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP