ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

阪神・和田監督 ヤフオクドームで前日公式練習行わぬ大ポカ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 福岡ソフトバンクホークスが3年ぶり6回目の日本一となった。5試合行われたシリーズ戦のベンチ裏では、楽天監督を退任したばかりの星野仙一氏が登場するなど、来季の人事をめぐって様々な動きがあったとみられている。一方、そうした動きがあることを知ってか知らずか、阪神の和田豊監督はこんな“ポカ”をやらかしていた。

 阪神は第3戦に備えて27日の移動日に敵地のヤフオクドームに到着。なんと試合前日なのに公式練習を行なわなかったのだ。これは相当異例のこと。

 和田監督は「予定通り」と説明したが、短期決戦で休養が必要なタイミングではないし、試合経験の少ない球場で練習できる貴重な機会だった。人工芝の状態や、クッションボールの処理法など、チェックすべき点は多々あったはずだ。

 案の定、1勝1敗で迎えた敵地での第3戦ではそのツケが出た。4回裏1死二塁の場面で、細川亨が空振りしたボールを捕手・鶴岡一成が後逸。細川が振り逃げで生きる一方、広いファウルグラウンドに転がる球を鶴岡が見失った。投手・藤浪晋太郎のベースカバーも遅れて二塁走者・吉村裕基の生還を許し、2点目が入る。その第3戦、そして翌日の第4戦と続けて、鉄壁を誇った守備から崩れて連敗を喫している。

 準備不足がシリーズの流れを止めたといわれても仕方あるまい。

※週刊ポスト2014年11月14日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
阪神真弓監督の放任采配 原点は高校時代のまさかの1回戦負け
日本シリーズ 絶対エースも簡単に結果残せぬ過去データ紹介
ソフトバンク秋山監督 大胆采配のルーツは高校時代の被弾

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP