ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LINEスタンプ作った理容師 発売3か月で約1000万円稼ぐ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 LINEのスタンプを考案し、販売できればビジネスチャンスにもつながる。実際、数千万円を稼いでいる人もいるというが、それってホントなのだろうか? 今週は、LINEクリエイターズマーケットの中で人気上位のクリエイター・A-kitさんを直撃。

 A-kitさんは、『文字打ってる場合じゃねえ!~緊急用~』と同スタンプ『~疲労編~』のスタンプ考案者。稼業の理容室を手伝いながら、日々、クリエイターズスタンプを作成している。漫画とゲームが大好きな20代後半の女性だ。

 白いシンプルな人間キャラに具体的なコメントが付き、今の自分の状況を伝えるのに最適なA-kitさんのスタンプ。

“返信が無かったら、寝落ちしたと思ってください”、“長文を打っています 少々お待ちください”など、利用しやすい文章がずらりと並び、男性ファンも多い。

「最初は自分用に作ったんです。例えば、遅刻しそうな時に、“今、準備しています”と打つのは面倒じゃないですか。それならばスタンプひとつ送っただけで、完結できるもののほうがいいと思って」(A-kitさん・以下「」内同)

 自分自身がよく打つ文章を40個以上、パソコンのメモ帳にまとめ、その中から、より実用的なものを採用。長文を打つ手間が省けるスタンプは瞬く間に人気を博し、売り上げが1週間で1位に。そして、発売から3か月後、約1000万円もの大金を手にしたという。

「売り上げから20%源泉されるので、実際は800万円ですが、それでも嬉しかったですね」

 そんな彼女の本職は理容師。家業の理容室を手伝いながら、スタンプ作りに励んでいるのだという。

「昔から絵を描くのは好きでしたが、スタンプとして売り出すには、自信がなかったんです。そこでパソコン用のソフト『3Dデッサン人形』をトレースしました。専用のペン先ひとつで動きがつけられますし、絵が描けない人でも簡単に立体的な人物を作成することができる。早い段階で作成したので、先手必勝だったかなと思っています」

※女性セブン2014年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
同じ店では働けない「理容師」と「美容師」の違いとは?
LINEスタンプ 人気トップ10平均収益は3か月で2230万円
LINEクリエーターズスタンプ 使う相手を絞ったものが人気

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP