ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「マンガ家養成」玩具に異論反論

DATE:
  • ガジェット通信を≫

子どもの頃の夢を叶えたい! 長年忘れていた願いが大人になって湧き上がってくることもあるだろう。そんな思いを実現してくれそうな玩具が発売されたとして、ネット上で盛り上がりをみせている。

【画像や図表を見る】

その玩具とは、タカラトミーが発売する「14日間マンガ家コース」。14のレッスンでマンガが上手に描けるようになると謳っており、トレース台、ミリペン(細い線を描くことに特化したペン)に加え、トーン処理やコマ割り、ストーリーの組み立て方まで詳細に載った「レッスンBOOK」や、インターネットでプロのマンガ家の指導が受けられる動画視聴の特典までついている。

さらに自分の描いた作品は、マンガの専門校「日本マンガ塾」の講師が添削してくれるという。11月20日発売予定で、メーカー希望小売価格は4500円(税抜)。同商品は子供たちの「なりたい!」を叶える本格的体験型玩具「ジョブアカデミー」シリーズひとつとのこと。

本来は子どものための玩具だが、これに大人たちがすばやく反応。ツイッターには、

「これ買うね」
「こ、これで俺も漫画家に!」

と欲しがる人がいる一方で、

「取っ掛かりとしては理解できるが、何てお気楽な…」
「漫画を描けても漫画家にはなれんだろうがwww」
「まぁWEBで数ページの漫画を公開出来るクオリティにはなれると思う」

と冷静な反応をする人も…。

大きな子どもたち(?)が大注目している、この玩具。マンガ家になれるかどうかはともかく、夢があり、マンガ大国日本を象徴する商品であることは間違いない。
(R25編集部)

「マンガ家養成」玩具に異論反論はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

“ハード版”人生ゲーム 評価二分
風の無い室内でも飛ばせる電動たこ
チュッパチャプスでアイスを作る
「絶版マンガ図書館」期待大
「写実的な背景」で漫画家が激論

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP