ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

片想いの彼をモヤモヤさせたらチャンス! 「認知的不協和」で恋が動き出す

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「完全な片想い」の状態から好きになってもらうのは、至難の業。ところが心理学の「認知的不協和理論」を恋愛に応用すると、片想いの恋が意外な展開を見せることがあるのです。

認知的不協和って?

「認知的不協和理論」とは、心で思っていることと実際の行動が食い違っている状態のこと。なんだかモヤモヤしたり矛盾を感じたり、時には不愉快な気持ちが芽生えた状態が「認知的不協和」の心理状況です。
たとえば、男性の先輩や上司に無茶な仕事を頼まれたとします。仕事だから懸命にやりますよね。でも彼らはそのことを「当然」と思って褒めてもくれません。
「なんで私はこんな目にあってるんだろう。認めてくれないのに、なぜ私は一生懸命がんばっているんだろう」とモヤモヤするはず。これが「心と行動の不協和状態」です。
人間は、このようなモヤモヤをどこかで「腑に落ちること」にして、心と行動の帳尻を合わせようとします。「ツライのにがんばってしまうのは、彼のことが好きだから?」のように、認知を変えてしまうのです。ダメ男にハマってしまうのも、この「認知的不協和」が働いていると言えるでしょう。

無関心な彼に自分を意識させる

では、これを「片想いをしている男性」に対して応用してみましょう!
男性は女性よりも「見た目」にこだわる生き物です。あなたが彼に「なんとも思われていない」ということは、「見た目」がまず彼の好みではない、もしくは「無関心」な状態であると言えます。
つまり「嫌いじゃないけど、いてもいなくてもどうでもいい普通の女性」。きつい表現ですが、ここをまず自覚することが大事!
ここで「彼のあなたへの意識」を変えることさえできれば、彼の心にモヤモヤを生み出すことができます。たとえば、パンツスタイルからふわふわのスカートコーデにしてみたり、ヘアスタイルを思い切り変えてみたり。ちょっとした変化ではなくガラリとイメージを変えてみるのです。
すると彼は「なんか雰囲気変わった? 彼氏でもできたのかな」と、ここで初めてあなたを意識します。「無関心な彼にあなたという存在を意識させること」が鍵なのです。

彼の心のなかにモヤモヤを起こす

ここまでやっても彼に意識されない場合は、大ばくちですが、突然「告白」してみましょう。「私ね、あなたのことが好きなの」とだけ言って、あとは彼の返事を待つわけでもなく、普通の日常を送るのです。
こんな風に告白されたら、否が応でも彼はあなたのことを意識しはじめます。告白してきたのに、そのあとはいつもと変わらず接するわけですから「どういうつもり?」とモヤモヤしはじめます。
彼の心のなかにモヤモヤが生まれたらチャンス。「いままでなんとも思ってなかった彼女のことを、なんでこんなに考えているんだろう」状態から、「こんなに彼女のことを考えているということは、彼女のことが好きになっちゃったかも?」となるまで、そう時間はかかりません。
ぜひこの「認知的不協和理論」で、片想いを成就させてみて!
Love message image via Shutterstock


(グリッティ)記事関連リンク
男性の「彼氏に何を求める?」にドキドキさせる返答
初対面の男性に「いい子そう」と好感を持たせるコツ
わがままだと思われない、食事デートでの好き嫌いの伝えかた

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP