ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メディアへの女性進出が進む米国 編集トップ3に「女性が1人以上」の新聞社は63%

DATE:
  • ガジェット通信を≫

男女雇用機会均等法が施行されて40年以上が経ちましたが、日本社会の男女格差は依然として大きいようです。世界経済フォーラムが発表した「男女格差ランキング」によると、世界142カ国のうち日本は104位で、G7の中で最下位という結果でした。

一方、男女平等が進み、女性の職場進出が進んでいる米国は20位。ピューリサーチセンターの記事によると、2013年に米国の新聞社を対象に調査したところ、63%が「編集室のトップ3役には女性が必ず1人はいる」と答えたそうです。

これは米国新聞編集者協会(ASNE)の2013年度のデータを用いて明らかにしたもの。編集室のトップ3役に女性が2人いると答えた新聞社は12%で、トップ3役すべてが女性だと答えたところも2%あったといいます。(文:沢水 蛍)
新聞記者・編集者に占める女性の割合は37.2%

ただし、女性のリーダーシップをさらに推進しようとしているASNEにとっては、もどかしい現状もあるようです。2012年度に新聞記者・編集者全体に占める女性の割合は36.7%だったのに対して、2013年度は37.2%へ上昇しているものの、わずか0.5%。役職付の女性の割合においても、1年で0.7%とわずかな上昇にとどまっています。

また、米国で最も有名な女性ジャーナリストでニューヨークタイムズの編集主幹を務めていたジル・アブラムソン氏が、「編集局の運営の問題」を理由にその職を解かれました。彼女の後任にはアフリカ系アメリカ人で初の編集主幹となるディーン・バケット氏が就任。もっとも、これは必ずしも女性差別というわけではないようです。

インディアナ大学が2013年秋に、米ジャーナリスト1,080人を対象にオンライン上でインタビューを行った結果、女性は男性よりもおよそ5000ドル以上も年収が少ないということが分かったそうです。女性の平均年収は約48,037ドル(約525.5万円)、男性は約42,857ドル(約468.9万円)で、56万円以上の差があります。
日本経済新聞の取締役には女性ゼロ

それでも、米国の現状は日本と比べれば、はるかに男女平等が進んでいるといえるでしょう。内閣府男女共同参画局が2011年に作成した「諸外国における専門職への女性の参画に関する調査」というレポートは、「各種メディアにおける女性の割合」を集計しています。

これによると、新聞社の全従業員あるいは記者総数に占める女性の割合は、2010年までの10年間にいずれも10%から15%程度にまで伸びたものの、米国の37%には遠く及びません。NHKの全管理職・専門職に占める女性の割合は、2010年時点で3.8%にすぎないそうです。

ここ数年でもう少し進歩していると思いたいのですが、例えば朝日新聞は12人の取締役のうち女性が1人だけですし、日本経済新聞は全員が男性です。いかにも古い体質なのだなと考えさせられますが、その一方で上記レポートには新聞社の仕事は「仕事と生活の調和が困難」という女性の声もあり、悩ましいところです。

(出典)ASNE: Two-thirds of U.S. newspapers employ women in top editing jobs (Pew Research Center)

あわせてよみたい:「女なんか事務しかできない」と言い放つ会社も
 

カテゴリー : 政治・経済・社会 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP