ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サバゲに夢中になる女子が急増 「ライフルに一目惚れした」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近、サバイバルゲーム、通称サバゲに熱中する女の子が増え、趣味だと告白する若い女優やタレントもいる。累計16億PVのブログでファッションや美容を中心にとりあげている小原優花さんも、自分もサバゲにハマっているし「絶対に女の子は増えている」という。増殖中のサバゲ女子は、どんなきっかけで始め、何を楽しんでいるのか小原さんに聞いた。

* * *
――夏の間はサバイバルゲームを休んでいたそうですね。

小原優花(以下、小原):涼しくなってきたので来月からまた復活します。夏は暑すぎるし、朝まで山にこもってゲームする夜戦(※夜間戦闘)にハマっていたこともあって、湿度が上がると結露して銃が壊れちゃうんです。だから6月を最後に休んでいました。

――小原さん自身は、どんなきっかけでサバゲを始めたのでしょうか。

小原:同い年の友だち4人がそろって先にサバゲにハマっていて、以前から何度も誘われていました。でも、痛そうだし、泥まみれになって遊ぶのは嫌だと言って断っていたんです。実際は泥んこにはならないですけどね。ただ、もともとモデルガンには少し興味があったので、上野にある専門ショップへ一緒に行ったんです。そこで銃がずらっと並んでいるのを見たら、かっこいいし、ワクワクして楽しくなっちゃって銃を買いゲームをしに行こうとなりました。

――実際にサバゲをしに行く前に、撃つ練習などはしたのですか?

小原:銃を買ってすぐ、ショップの試射コーナーで撃たせてもらいました。そのあとは、すぐにサバゲ専用フィールドで実践でした。威力が強いものなので、モデルガンとはいえどこでも撃てるわけではなくて、サバゲのフィールドやショップの中など撃てる場所は限られています。

 最初に一目惚れして買った「SCAR-L(※スカーL、特殊部隊用戦闘アサルトライフル)」には、リコイルショックという装置が搭載されています。それがついていると、撃った衝撃が体に伝わるんです。全身で撃ったと感じられる感覚が今までに味わったことがない面白さで、病みつきになりました。

――サバゲとなると止まった的を撃つ試射コーナーと違って相手も撃ってきますよね。

小原:そのスリルがたまんないです。めちゃくちゃ心臓がバクバクして心拍数がヤバいなと思うけど、もう大好き。弾が当たると痛いと思うし、切り株に足をひっかけて転んであざを作ったり、たまにケガをすることもあります。でも、代用できることがない、新しい種類の楽しさです。

 チーム戦なので、初対面の人ともコミュニケーションとったり作戦を考えるのが楽しいですね。食事に行ったり一緒に遊ぶような間柄じゃないし、仕事もバラバラ。でも、サバゲだと親しい感じになる。初めての人にも親切で、フィールドでケーキを用意して誕生日のお祝いをしてくれたり、チーム愛がすごく強いのも魅力的です。

――サバゲの参加者には本当に女性が増えているのでしょうか?

小原:かなり増えてます! リアルでも、連れて行ってくださいとか一緒に行きたいとか、女の子にめっちゃ言われますね。私だけでも男女あわせて30人ぐらいはサバゲに誘って夢中にさせてます(笑)。銃を9丁も買っちゃった子もいるんですよ。誘った人がハマって、そこからまた別の人を誘って、というように枝分かれしていっています。たぶん、これからますます増えると思います。

――ギャルだけでサバゲのチームがつくれそうですね。

小原:もう女の子だけのチームをつくったんですよ。「発砲美人」という名前です。他に「USAGI(ウサギ)特殊部隊」というチームも持っています。加わっているなかでは「チーム龍華楼」が大きくて、最大で90人ぐらいの規模になっていたときもあります。チームごとにLINEでグループを組んで、そのなかのやりとりからサバゲの知識を増やさせてもらっています。

 私がサバゲを始めたころは男女比が8対2ぐらいだったのが、今は6対4ぐらいです。ウェアもメンズサイズばかり充実していてあまり選べなかったのですが、女の子サイズも充実して選べるようになってきました。最初からいろいろと買わなくても、スニーカーと軍手、帽子を持っていけばあとは6000円ぐらいでレンタルできますが、女の子はまずウェアが欲しくなる人が多いですね。

――どんなウェアに人気が集まっていますか?

小原:みんなが最初に買うのは、オーソドックスなグリーンの迷彩。女の子に人気があるのは全身が真っ黒なSWAT(※スワット、米国警察の特殊部隊)です。私も持っていますが、SWATのウェアを着ていると「SWATやりたい」と女の子からよく言われます。市街地戦用にベージュが基調のピクセルカラーの迷彩もあります。ショップへ行くと、軍用を完全再現したものとか、より良いものが欲しくなって困ります(笑)。

――もともとスポーツはしていたのですか?

小原:全然(笑)。今でこそ体を引き締めるためのジム通いは好きだし、ポールダンスを習ったりしていますが、20歳を過ぎてからです。それに、人とチームを組む趣味に興味がありませんでしたが、サバゲで初めてチーム競技を楽しんでいます。

 同じチーム競技でも野球やフットサルだと絶対に男女の差が出ますよね。でも、サバゲは力や体力がそれほど必要ないんです。初心者でも運動が苦手でも活躍の仕方があります。私がよくやっているフラッグ戦では相手の陣地のフラッグを押すことで勝利できるのですが、女の子にも頭脳戦で器用に入り込んで押しに行く人がいるんですよ。そうやって、男の子と体力の差がなく遊べるというのは嬉しい。

――男女混合のフットサルで女性が得点するのは難しいですがサバゲなら可能なんですね。男女差なく楽しめても、女の子がサバゲをするなら気をつけてほしいことはありますか。

小原:弾の威力がかなり強いので、フィールドに入るときは絶対にフェイスマスクやサングラスで目を保護することが義務付けられています。さらに女の子は、顔に傷がつかないように口も隠したほうがいいと思いますよ。私はマスクをつけています。気を抜くと危ないですから、装備は惜しまずやったほうがいいです。

 あと、邪魔じゃないかと言われることもあるんですが、サバゲの時は長い髪はスカーフに巻き込んじゃうし意外に役に立っています。というのも、私の髪は本当はショートで、エクステで長くしているんですが、そのおかげでふわふわなので弾が当たってもあんまり痛くないんです(笑)。

――スリルがたまらないと話していましたが、お化け屋敷や絶叫マシンの類ももともと好きなのですか?

小原:嫌いなんですよ。そこは本当に譲れない(笑)。でも、サバゲのドキドキは病みつきで、もう何度でも楽しみたい。いったんサバゲのフィールドへ行くと、朝10時集合で夕方5時まで、ランチタイムの休憩以外はずっと30分勝負のゲームを繰り返していますね。夜戦でも、夜の9時ぐらいに行って夜明けまでやっています。終わりの時間になると「もっとやりたい!」といつも言ってます(笑)。

■小原優花(おばら ゆうか)1990年5月19日生まれ。ブロガー。2008年に始めた「ゆんころブログ」は累計16億PVを超える。ブログの話題はファッションやメイク、美容などが中心だったが、昨年冬からサバイバルゲームに熱中している様子も。愛用の銃は「SCAR-L」。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ほんのひと手間でサプライズな「くまちゃんサンド」の作り方
澤穂希 小学生チーム唯一の女子だったが誰も女子扱いせず
岡本夏生の年齢サバ読み 「自ら積極的に提案した」と関係者

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP