ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

和食作法 丼は持たずに手を添える 麺はすすって食べる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 20~60代の男女を対象にした、あるインターネットリサーチの調査では、公共の場で他人のマナーが気になることが「ある」と答えた人は8割超。パブリック・スペースでそうならば、外食時やお呼ばれなどでは、身近な人たちは、あなたの所作をしっかりチェックしているはず。

 近著に『「ばぁばの料理」最終講義』(小学館)がある、「ばぁば」こと鈴木登紀子さん(90歳)に和食の作法を聞きました。

「どんなにきれいにお化粧をして高価なお洋服を着ていても、お食事の作法が荒々しければ百年の恋も瞬時に冷めるというもの。また、子供たちにお行儀をしつけるのは、親の責務ですよ」(鈴木登紀子さん 以下「」内同)

■丼は持たずに手を添える
「殿方が手に持って召し上がるのはよろしいのですが、丼の器は女性の小さな手には余ります。置いたまま手を添えて召し上がるか、丼の蓋を取り皿代わりになさってもよろしいですよ」

■麺はすすって食べるのがお作法です
「最近、おそばやおうどんをたぐって召し上がる姿をよく目にしますが、のど越しを味わう日本の麺はすするのが正しいのです。大きな音を立てる必要はありませんが、もたもた食べていたら伸びてしまいます。小粋にツルツルッと」

■箸使いのタブー
箸を握ったまま器を持ち上げたり、つかみにくい里いもを箸で突き刺していませんか? 日本の食事作法は「箸に始まり、箸に終わる」とも。今一度、箸遣いをチェック。

・涙箸
汁が滴りやすい料理を食べる際、それを取った箸から汁を滴らせながら口に運ぶ所作。

・刺し箸
料理を箸で突き刺すこと。

・渡し箸
器の上に箸を置くのは「ごちそうさま」のサイン。食事中は箸置きへ。

・寄せ箸
箸で器ごと引き寄せること。

・迷い箸
どれを食べようか料理の上で箸を動かし迷うこと。不快度指数200%!

・ねぶり箸
箸についた料理をねぶりとること。箸先を吸うのもNG。

※女性セブン2014年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
和食作法解説 手皿はNG、持ち上げたものは全て口に入れる
食事の時にまず手に取るのは「箸」ではなく「器」がマナー
飯茶碗と汁茶碗の両方に蓋がついていた時の小粋な作法とは?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP