ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

喫煙者 声がかれる症状2週間以上続くと声門がんの疑いあり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人間の喉は、喉頭(こうとう)と咽頭(いんとう)からなり、咽頭は食物が通る食道へ繋がり、喉頭は空気の通り道で気管から肺へ続いている。喉頭には、左右1対の声帯があり、肺からの呼気で声帯を振動させることで発声する。また、気管と食道に繋がる分岐点なので、食物が通る際には、喉頭と声帯を喉頭蓋(がい)というフタで閉じて、誤嚥(ごえん)を防ぐ働きもしている。

 喉頭がんの発生は、女性より男性が10倍多く、50代以降に急激に増加する。発症の危険因子はタバコで、患者の約95%が喫煙者だ。国立がん研究センター東病院副院長で頭頸部外科の林隆一外科長に話を聞いた。

「喉頭がんは、声帯にがんが生じる声門がんが約70%と一番多く、声帯上の喉頭蓋あたりの声門上がんが30%弱で、声門下がんは、ごくまれです。発生頻度が高い声門がんの初期症状としては、嗄声(させい)があります。とくに喫煙者で、声がガラガラと嗄(か)れる症状が2週間以上続くようであれば、声門がんの疑いがあり、耳鼻咽喉科を受診する必要があります」

 声門上がんは、咽頭痛や喉の違和感で起こることもある。発見された時には、リンパ節に転移していることも多い。

 診察は内視鏡や、関節喉頭鏡を喉に挿入して検査を行ない、疑わしい場合は、さらに組織の一部を採取する生検を行ない診断する。

 喉頭がんは、早期なら十分に治癒が可能ながんだ。声嗄れが長期間続いたら、風邪だと勝手に判断せず、早めの受診が肝心だ。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2014年11月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
下咽頭がんは飲酒が原因 進行早いので違和感ならすぐ医者へ
談志さん妻 「最愛のパパと別れる時間を」と死の発表遅らせた
談志の「たばこ会見」は逸見政孝氏の件で叩かれた病院への配慮

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。