ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

肌の潤いに「炭酸水」が効果アリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

気温も湿度も低下する秋冬シーズンは、男女問わず乾燥肌になりやすい。特に男性は女性に比べて「インナードライ肌(=表面は皮脂でテカテカなのに、内部は異常に乾燥している肌)」に陥りやすい傾向があるという。

【画像や図表を見る】

ポーラ・オルビスグループの調査によると、男性の肌は女性に比べて、水分蒸散量は2 倍以上多いにもかかわらず、水分量は2分の1以下で、皮脂量は約3倍もあることが明らかになった。つまり、男性の肌は乾燥しやすいうえに、更なる水分蒸発を防ごうと自発 と皮脂を過剰分泌するため、内部は砂漠状態、外部は油田並み…という「インナードライ肌」になってしまうのだ。

では、どうすれば「インナードライ肌」を改善できるのか。美容家のいわせ直美さんに聞いた 。

「肌改善には、保湿につながるケアをすることが基本です。最近女性の間でも話題の炭酸水は、肌の潤い成分の活性化が期待できるのでオススメですね」

炭酸水には二酸化炭素が溶け込んでおり、肌に触れると二酸化炭素が肌を通して血中に吸収される。その過程で血中から酸素が放出され、肌の細胞に行きわたりやすくなる。また、血中に吸収された二酸化炭素が血管を拡張し、血行も促進される。その結果、肌の細胞が活性化して新陳代謝が促され、潤いにつながるそうだ。

そこで、いわせさんおすすめの炭酸水商品を教えてもらった。

● ヴィシーセレスタン(大塚食品)
フランス中央部、オーヴェルニュ地方にある高級スパリゾート、ヴィシーで唯一飲料としてボトリングが許されている天然微炭酸の源泉水。フランスの伝統的スパ療法であるテルマリズムにも使用され、日本でも「美人の湯」として知られる温泉の天然成分の重炭酸塩が1本(500ml)当たり1500mgと豊富。

● ゲロルシュタイナー(ポッカサッポロフード&ビバレッジ)
ドイツ西部、アイフェル火山麓のゲロルシュタイン生まれのカロリーゼロの天然炭酸水。カルシウムやマグネシウムといった天然ミネラルを含み、世界20カ国以上で愛飲されている。

● パラディーゾ(パラディーゾ・ジャパン)
イタリア北東部、世界有数のワイナリーが集まるフリウリ州ポチェニアの炭酸水。細胞活性化をサポートするミネラル成分のサルフェートやコラーゲン生成をサポートするシリカをバランス良く含有。

「インナードライ肌」になりやすいこの秋冬は、お肌を炭酸で潤すのもアリかも。
(伊藤友紀子/ビルコム)
(R25編集部)

肌の潤いに「炭酸水」が効果アリはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

炭酸ヘッドスパの快感にやみつき!
炭酸水を使う…パンケーキを作るコツ
女性ウケの悪い「男の美容」1位は
年をとると「額がテカる」のはなぜ
お酒は美容にいいって本当?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP