体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今注目の若手建築家7組が提案、[MAKEHOUSE-木造住宅の新しい原型展]

[MAKEHOUSE]に参加した建築家の似顔絵がスタンプに!誰だか分かります? (写真撮影:藤井繁子)

日本の木造住宅をもっと安く建てられるよう、部材をシンプルに「パーツ化」したいと、「耐震構法SE構法」を開発したNCN社が建築家たちに声をかけた。若手の気鋭建築家7組がそれを受け、木の家の新しいつくり方についてアイデアを出した展示会を見てきたので、その模様をお伝えします。[MAKEHOUSE-木造住宅の新しい原型展]@六本木、東京ミッドタウン

10月17日~26日の期間、六本木の東京ミッドタウンに木造のSE構法で建てたテント会場が出現した。住宅部材の「パーツ化」プロジェクトの第一弾として、建築家たちのアイデアを発表、展示。入場無料で43000人もの人が来場した。

【画像1】会場も木の構造を見せたSE構法。住宅だけでなく、大規模建築も建てられる耐震構法(写真撮影:藤井繁子)

【画像1】会場も木の構造を見せたSE構法。住宅だけでなく、大規模建築も建てられる耐震構法(写真撮影:藤井繁子)

【画像2】「パーツ化しながらも、普遍的で資産価値のあるデザインを建築家と探りたい」と主催の田鎖NCN社長(写真撮影:藤井繁子)

【画像2】「パーツ化しながらも、普遍的で資産価値のあるデザインを建築家と探りたい」と主催の田鎖NCN社長(写真撮影:藤井繁子)「開かれた家」―鈴野浩一/禿真哉(トラフ建築設計事務所)

展示された3階建ての模型は、基本パーツ5種(柱1+梁4)で構成され、追加パーツ4種(柱1+梁2+床1)を足して空間をつくってゆく。10年、30年と住み手の家族構成が変わるたびに、床などのパーツを足したり取っ払ったりして間取りを柔軟に変化できる家だ。

【画像3】「構造をシンプルに、かつ家具と建築を一体化させてコストを抑えます」右から鈴野浩一さん/禿真哉さん(トラフ建築設計事務所) (写真撮影:藤井繁子)

【画像3】「構造をシンプルに、かつ家具と建築を一体化させてコストを抑えます」右から鈴野浩一さん/禿真哉さん(トラフ建築設計事務所) (写真撮影:藤井繁子)

「開かれた家」というタイトルには、部材や構造がシンプルなので住み手につくる行為を「開き」参加しやすくなるという意味と、住み手がコミュニティに向けて「開く」家にしたいとの思いも。

【画像4】今回の模型では1階が妻のフラワースクールとして、「開かれた家」(写真撮影:藤井繁子)

【画像4】今回の模型では1階が妻のフラワースクールとして、「開かれた家」(写真撮影:藤井繁子)「高床の低い家」-谷尻誠 

水上に建つ家をジオラマで見せた谷尻氏は広島出身、海の上に建つ宮島の社殿にインスピレーションを得たようだ。傾斜地や水上など悪条件の敷地に高床という解決策を提案、土地代のコストも抑えられそうだが「基礎の鉄筋コンクリート代もコストカットできます」とのこと。

【画像5】「自然のままの立地、機能が限定されていない空間に可能性を感じます」谷尻誠さん(サポーズデザインオフィス)(写真撮影:藤井繁子)
1 2 3 4次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy