ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本田圭佑の好調で「代表に深刻な事態も」と協会関係者が懸念

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ブラジルW杯で輝けなかった本田圭佑(28)が、イタリア・セリエAのACミランで大爆発。7戦で6ゴールを挙げて得点ランク1位(10月21日現在)を走り、得点王も視野に入っている。

 頼れるエースの覚醒は日本代表にとっても朗報──かと思いきや、複数の関係者は「日本代表にとって深刻な事態を引き起こすかもしれない」(日本サッカー協会関係者)と気を揉んでいる。彼らが気にするのは、ハビエル・アギーレ新監督(55)との関係である。

「復調と同時に本田はかつての“オレオレ節”を復活させ始めた。新体制初戦のウルグアイ戦(9月5日)では、キャプテンに指名されたのに、“本当に面倒”“僕は自由にいきたい”と露骨に拒否感を示した。これにはアギーレ監督もいい印象を持っていない」(前出・日本サッカー連盟関係者)

 ポジションの問題もある。サッカージャーナリストの財徳健治氏がいう。

「ミランでの本田は右FWで結果を出している。アギーレ監督は代表でも同じ位置で本田を使いたいはずです。しかし本田はトップ下に強いこだわりを持っている。もし自信を取り戻した本田が“トップ下をやりたい”と主張すれば采配批判に繋がりかねない」

 そのうえ、アギーレ監督はビッグクラブの選手と相性が悪いことで知られる。メキシコ代表監督時代の2010年にはW杯南アフリカ大会でバルセロナのドス・サントスを招集せず、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が決定していたハビエル・エルナンデスをベンチ要員に封じ、物議を醸した。

「1月に控えるアジアカップの代表招集にACミランは難色を示している。もし本田が代表を拒否すれば、アギーレ監督が“本田は不要”と判断し、チーム構想から外す可能性もあり得る」(前出・サッカー協会関係者)

 闘争心あふれる両者の今後の関係は、日本代表の行方をも左右しそうだ。

※週刊ポスト2014年11月7日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
好調本田圭佑 ミラン監督が惚れ込みクラブの全面支援の賜物
アギーレ監督 代表の戦いぶり次第であきれ顔になる可能性も
ザックの「サンダル禁止令」本田狙い撃ち 「10番」どうなる?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。