ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy用アプリ「S Health」がv3.5にアップデート、SpO2や紫外線指数の計測に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が Galaxy スマートフォン向けに提供している健康管理サービス「S Health」のアプリが v3.5 にアップデートされました。今回のアップデートでは、端末のセンサーを用いて SpO2(酸素濃度)や紫外線指数を計測できるようになりました。SpO2 は心拍センサーを利用して計測するのですが、Galaxy S 5 では測定できず(Galaxy Note 4 だけ?)。また、紫外線指数は UV センサーを搭載した機種でないと計測できません。また、体重管理機能も追加されました。これは日々体重を更新していくことで後から体重の変化を確認できるようにするものです。体重の更新はスライドメニュー上の「体重」セクションで行います。このほか、国内モデルでは心拍センサーを用いてイライラ度を計測する「ストレス」が利用できなくなりました。ただ、以前のデータをエクスポートできるよう準備中とのことです。「S Health」(Galaxy Apps)


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC REカメラの発売時期は11月15日前後、オレンジカラーの発売は延期される
Xperia Z2とXperia Z2 TabletがChromecastの「画面のキャスト」に対応
Galaxy S 5のAndroid 5.0アップデートは現在はAndroid 5.0(LRX02E)で開発中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP