ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大野由美子と3人の”宅録女子”がカルテットを結成、名曲をシンセのみで演奏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大野由美子(Buffalo Daughter)と3人の”宅録女子”によるシンセサイザー・カルテットの1発録りハイレゾ音源『Hello,Wendy!』が、11月14日(金)よりリリース。OTOTOYでは本日より先行予約が開始された。

この作品は、サウンド & レコーディング・マガジンが主催する「Premium Studio Live Vol.7」の模様を収録したもの。カルテットを構成するのは、リーダーの大野由美子を筆頭に、AZUMA HITOMI、Neat’s、Maika Leboutetという話題の女性SSWたちだ。いずれも多彩な音色を操るシンセシストであり、同時にすばらしい声を持った歌い手でもある。

当日は1発録りの緊張感のなか、名曲のカヴァーやメンバーそれぞれのオリジナルなど全10曲が、シンセサイザーのみを使って演奏された。レコーダーにはTASCAM DA-3000を6台使用し、ライヴ会場とは別室に設置された4台のスピーカーの音を、DSD(デジタル音源における最高音質とも言われるフォーマット)で記録している。

世界で初めてコンピュータが歌った曲として知られる「Daisy Bell」、ウェンディ・カルロスによるモーグ・シンセサイザーでの演奏が有名な「ブランデンブルク協奏曲第3番」(バッハ)、言わずとしれたクラフトワークの名曲「Computer Love」など、電子音楽の歴史をなぞるような選曲がされている点にも注目だ。

音源には、メンバーが実際に演奏した「亡き王女のためのパヴァーヌ」の譜面データ(PDF)が付属。また、本企画の仕掛け人である國崎晋(サウンド & レコーディング・マガジン)と、カルテットを率いた大野由美子(Buffalo Daughter)による対談を、OTOTOYで近日中に公開予定だ。(長)

—–

■ご予約はこちらから!!
5.6MHz dsd + mp3
大野由美子+AZUMA HITOMI+Neat’s+Maika Leboutet / Hello,Wendy!
http://ototoy.jp/_/default/p/46665

24bit/48kHz
大野由美子+AZUMA HITOMI+Neat’s+Maika Leboutet / Hello,Wendy!
http://ototoy.jp/_/default/p/46664

※この作品は、11月14日(金)の配信開始に先駆けて予約注文を受付中です。音源の配信が開始されると、ご登録のメール・アドレスおよびOTOTOY内メッセージに、アルバムのダウンロードURLが送られます。

予約注文について、詳しくはこちら
http://ototoy.jp/feature/preorder

—–

Hello,Wendy!
2014年11月14日(金)、OTOTOYにて配信開始!

01. Daisy Bell / A Bicycle Built for Two [Harry Dacre, based on Max Mathews]
02. ブランデンブルク協奏曲第3番ト長調(BWV1048) 第3楽章 [J.S.Bach]
03. Computer Love [Kraftwerk]
04. Great Five Lakes [Buffalo Daughter]
05. 黄昏に雨 [Neat’s]
06. Jojo [Maika Leboutet]
07. free [AZUMA HITOMI]
08. 風の谷のナウシカ [安田成美 / 細野晴臣]
09. The Sound of Silence [Simon & Garfunkel]
10. 亡き王女のためのパヴァーヌ [Maurice Ravel]

DSD (1bit/5.6MHz)
ALAC / FLAC / WAV (24bit/48kHz)
まとめ購入のみ 1,000円(税込)
※メンバーが実際に演奏した「亡き王女のためのパヴァーヌ」の譜面データ(PDF)が付属します。

■Premium Studio Live Vol.7
http://rittor-music.jp/sound/magazine/premiumstudiolive/11657

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP