ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

即、旬顔! 色使いのニュースタンダード「ワントーンコーデ」にトライ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ファッションのカギともなるカラー使い。「この色にはこの色を合わせて…」「この色とこの色は合わない…」など、毎朝、上下の色の組み合わせに苦戦している人も多いはず。
そんな悩みを吹き飛ばす、色使いのニュースタンダードファッションが最近おしゃれな子の間でブームになっているのをご存じですか?
それは「全身同じ色で組み合わせする」という、目ウロコともいえる色使いのワザだったんです。

オールホワイトは、モテ&トレンドの万能ワザ

ドット編み クルーネック プルオーバー(レイビームス)、パテントレースアップシューズ(ジェフリーキャンベル)
今年の秋も引き続きトレンドカラーのホワイト。何にでも合わせやすいカラーですが、あえてホワイト1色のみでコーディネートするスタイルが今年っぽさ満点。
素材感の違いが分かりやすいカラーでもあるので、変化がつけやすくのっぺりしないのもトライしやすいポイント。そして、女の子らしいカラーでまとめるだけあって、ガーリーさは抜群! 
全部白ってちょっと難しそう…と思いがちですが、色のもつ清楚さが手伝って、ちぐはぐな印象にならず意外にしっくりくるんです。

大人女性のやさしさあふれるグレー

ローゲージニット(ジンジャーエール)、SKIN 5 GREY PANTS(アクネ)
やさしい印象に見せてくれる鉄板カラーリングが、オールグレーのコーディネート。
グレーは大人っぽさを演出してくれる代表カラーでもあるので、ボリュームニット×スキニーデニムなど、シルエットも大人系にまとめるとバランスよく仕上がります。
アクセにはパールを選んで、かわいさもプラス。ついブラックを合わせてしまいがちな色ですが、あえてグレー同士を合わせることで、グッと都会っぽく洗練された雰囲気に仕上がりますよ。

洗練度No.1。大人のオンナが選ぶ色

ドビーストライプブラウス(インディヴィ)、幾何学柄ニットタイトスカート(アンタイトル)
ホワイトに並んでトレンドカラーのネイビー。ブラックのワントーンコーデに比べて、上品さや今年っぽさをキープできるのでおすすめのカラーです。
オールネイビーだと、かっちりしすぎないか心配…。そんなあなたは、ネイビーをベースにした柄ものを合わせると、いい感じの抜けができておしゃれに仕上がります。
ゴールドアクセを合わせるとトレンドっぽく、シルバーアクセを合わせるとエレガントな印象になりますよ。
同じ色でも素材によっての見え方の違いなどのニュアンスを楽しめるのがおもしろいワントーンコーデ。なんといっても、同じ色を組み合わせるだけだから簡単すぎ! トライの価値大アリです。
 協力/ファッションコーディネートアプリ『iQON』 


(グリッティ)記事関連リンク
いい女はいい靴を履く。自分好みのオリジナルシューズの作りかた
あ、ハロウィン衣装を何も用意してない…そんなときのお助けコーデ
今年着るなら?「そろそろ欲しい秋はおり」まとめ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP