ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ホイットニー・ヒューストン、ライヴ作品発売を記念してクリスマスパーティー開催決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2012年に事故死したホイットニー・ヒューストンにとって初めての正式なライヴ作品となる「ホイットニー・ヒューストン・ライヴ」(原題:Whitney Houston Live: Her Greatest Performances)が、11月19日に発売される。これを記念してホイットニーの貴重な未公開ライヴ映像も交えた、ひと足早いクリスマス・パーティーが、11月17日にビルボードライブ東京で開催されることが決定した。会場ではホイットニーの貴重なライヴ映像の限定上映も行われる。

2012年2月に48歳の若さで事故死した不世出のDIVA、ホイットニー・ヒューストン。今回発売される「ホイットニー・ヒューストン・ライヴ」は、長年彼女を見守ってきたプロデューサーのクライヴ・デイヴィスとホイットニー・ヒューストン・エステートが制作にかかわった正式なライヴ作品。

デビュー前の1983年に初めてテレビ出演した時のパフォーマンスから始まり、2009年にプロモーションのために出演したテレビ番組「オプラ・ウィンフリー・ショー」でのパ フォーマンスが年代順に収録され、「オールウェイズ・ラヴ・ユー」「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」「すてきなSomebody」などヒット曲を網羅したベスト・ヒット・ライヴともいえる内容になっている。他にも、グラミー賞やアカデミー賞などの授賞式やスーパーボウルでの国歌斉唱の伝説的パフォーマンスや、米国の人気テレビ番組でのパフォーマンスなど、貴重な音源・映像が数多く収録されている点も注目すべきポイントだ。

この「ホイットニー・ヒューストン・ライヴ」の発売を記念して、東京・ビルボードライブ東京でエントランス・フリーのイベント「Live Freely by Jack Daniel’s Christmas Special」の開催が決定した。当日は、DJがプレイするホイットニー の名曲をはじめ80~90年代を彩ったR&B/HIPHOPクラシックスをBGMに、東京ミッドタウンで11月13日から始まる「ミッドタウン・クリスマス 2014」の幻想的なイルミネーションを楽しめるだけでなく、会場ではホイットニー・ヒューストンが1994年に南アフリカで開催した「コンサート・フォー・ア・ニュー・サウス・アフリカ」の映像が限定公開される。

この公演は、ネルソン・マンデラ大統領からホイットニー自身が直々に要請受け、アパルトヘイト撤廃後の南アフリカで初めて行われた大規模なコンサートとして知られており、映画『ボディガード』で世界中を席捲していた全盛期のホイットニーの神がかったパフォーマンスを堪能できる貴重な映像である。今回発売されるCD/DVDには、このコンサートから「オールウェイズ・ラヴ・ユー」と「アイム・エヴリ・ウーマン」の2曲が収録されているが、会場では収録されなかった映像もたっぷりと上映される。この超プレミアムな映像は、天国のホイットニーから日本のファンへのひと足早い“クリスマスの贈りもの”となることだろう。

イベント情報
「ホイットニー・ヒューストン・ライヴ」発売記念 Live Freely by Jack Daniel’s Xmas Special
2014年11月19日(月)17:30~23:00(22:30 L.O.)
ビルボードライブ東京(http://www.billboard-live.com/
入場無料
11月4日(火)11:00~テーブル予約受付開始(電話のみ)
ビルボードライブ東京 予約センター 03-3405-1133
※当日席もご用意しております。
出演DJ/タイムテーブルは後日発表

リリース情報

「ホイットニー・ヒューストン・ライヴ」
(原題:Whitney Houston Live: Her Greatest Performances)
2014年11月12日発売予定
[デラックス・エディション](CD+DVD)SICP-4320~1 3,600円+税
[スタンダード・エディション](CDのみ)SICP-4322 2,400円+税
解説/歌詞・対訳付き
詳細:http://www.sonymusic.co.jp/artist/whitneyhouston/info/444640

関連リンク

■ホイットニー・ヒューストン ソニー・ミュージック公式サイトhttp://www.sonymusic.co.jp/whitney/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP