ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

[米国]テイラー・スウィフトのアルバム「1989」はどこで買った? ビルボードが調査

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今週の月曜日に発売されたテイラー・スウィフトのアルバム「1989」。当初(1ヶ月前)、発売初週の売り上げは75万枚位だろうと業界関係者はみていた。しかし発売元のインディーズであるビッグ・マシーン・レコードと販売元のユニバーサルミュージックの仕事が功を奏し、発売初週の枚数は120万枚に達しそうだ。業界誌ビルボードが伝えた。その興味深い記事。「消費者は何処でテイラー・スウィフトのアルバムを買ったか」

Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

発売2日間の主なセールスは以下だ。

1)Itunesストアー 450,000枚

2)ターゲット(スーパー) 247,000枚

3)ウォルマート(スーパー) 30,000枚

4)アマゾン 16,000枚

5)ベスト・バイ(家電量販店) 5,000枚

6)スターバックス(コーヒー・チェーン店) 3,000枚

ストリーミングに押されて、今年は対前年で13~14%もダウンするだろうと言われているダウンロード(iTunesストアー)が断然のトップだった。スーパーのターゲット用にはボーナス・トラック3曲入れた特別盤を制作した。

それにしてもレコード専門店がほぼ皆無のアメリカで、iTunesの強さはハンパじゃない。ビルボード誌は発売初週で、アメリカの消費者の5割はiTunesで購入するだろうと記事に書いた。そして3割はスーパーのターゲットで特別盤を購入するとも付け加えた。日本のレコード小売店は平和なのか安泰なのか。再販が撤廃されない限り、平和は続く。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP