体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

tofubeatsリリースパーティーに藤井隆、PES、新井ひとみ、リリスクら豪華出演者集結

エンタメ
tofubeatsリリースパーティーに藤井隆、PES、新井ひとみ、リリスクら豪華出演者集結

10月30日、「tofubeats “First Album” release party」の東京公演が代官山UNITにて開催された。

平日の只中でありながら前売りチケットは売り切れ、18時の開演を待たずして会場の前には大きな待機列が出来上がった。10月初頭の『First Album』リリースから、富士宮や札幌、名古屋に大阪などの各地で行われてきた今回の「tofubeats“First Album”release tour」。最初の東京公演となるこの日には、藤井隆、SKY-HI、新井ひとみ(東京女子流)、池田智子(Shiggy Jr.)などといったtofubeatsが今までコラボレーションを披露してきた数々の名だたるアーティストが集結。そしてokadada、tomadにDJ WILDPARTYといった、tofubeatsを昔から見てきたDJ達も登場し、東京公演に相応しい豪華なリリースパーティーとなった。

イベントのオープンを飾ったのは、tofubeatsが成長する土台となり、また、彼と共に発展をしてきた、日本を代表するネットレーベル〈Maltine Records〉の「社長」であるtomadと、同じくtofubeatsと共にネットレーベルの時代を走り抜けてきた、現在のクラブシーンを代表する若手DJのひとり、DJ WILDPARTY両者によるアクトだ。

心地よいハウスや、Jポップネタのカットアップサウンド、〈Maltine Records〉からリリースされてきた作品を駆使し会場を徐々に温めるtomadのプレイからDJ WILDPARTYにバトンが渡ると、Jポップやアイドルソングを中心に、フロアにいる人々の心を鷲掴みにする楽曲が次々とプレイされ、度々フロアからは歓声が聞こえた。

DJ WILDPARTYが最後にプレイしたのは、tofubeatsの『First Album』がリリースされた当日、たった一日でそのリミックス・アルバムを完成させた謎のアーティスト、©OOL JAPANの楽曲であった。フロアの期待は最大にまで膨らみ、いよいよtofubeatsが登場。

今回の公演では、まずtofubeatsがソロで登場、『First Album』に収録された楽曲や別ヴァージョンの楽曲等を中心にプレイした。「#eyezonu」、「zero to eight」に続き、「懐かしい曲ですね〜」と言いながらtofubeatsがプレイしたのは、2010年に発表された、現在は活動を休止しているラッパー、オノマトペ大臣をフィーチャーした楽曲「Big Shout It Out」。跳ねたベースラインを特徴としたダンス・チューンに観客は熱狂した。

その後も勢いは止まらず、『First Album』内で一番の問題作と言って過言ではない楽曲「CAND¥¥¥LAND feat. LIZ」がプレイされると、tofubeatsがおもむろに金髪のカツラを装着、”バッキー河合”としてパラパラを踊り、会場は不思議な熱狂と一体感(?) に包まれた。

次にプレイされたのは、この日に初披露となった、北海道を代表する若手アーティストであるPARKGOLFによる「おしえて検索(PARKGOLF REMIX)」。高速ビートと乱れ打たれるシンセのリフが特徴的なリミックスで会場の熱気は最高潮に。ここでtofubeatsのメジャーデビューシングルとなった「Don’t Stop The Music」が流れると、ハイテンポな流れから一転し緩やかなビートとメロディーを聴かせる展開へ移行し、会場がクールダウンした。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会