ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハロウィン「ペット市場」拡大?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハロウィンといえば、子供だけでなく大人も仮装を楽しむイベントとして定着しているが、それにともないじわじわと拡大しているのが、ハロウィン向けのペット市場のようだ。

【画像や図表を見る】

世界最大級の小売業界団体、全米小売協会(National Retail Federation)によると、米国でハロウィンの仮装グッズの売上見込みは大人用が14億ドル(約1512億円、10月29日時点、以下同)、子供用は11億ドル(約1188億円)。ペット向け仮装グッズの売上は3.5億ドル(約378億円)にのぼるとみられている。10月25日にはニューヨークで、24回目となる犬のハロウィン仮装パレード「トンプキンス・スクエア・ハロウィン・ドッグ・パレード」が行われ、大盛況だったことが報じられている。

日本でも楽天市場では、「ハロウィン特集2014」ページのなかで「ペットコスチューム」というコーナーを設けており、そこでは犬の服専門店などが仮装グッズを販売。Amazonでも、「ハロウィーンストア」で犬やペット用の仮装グッズが販売されている。

その他ネット上には、これまでのハロウィンで仮装させたというペットの写真も多数公開されており、人気だ。たとえばNAVERまとめには、「レベル高すぎ!思わず叫ぶ、海外の【ペット】ハロウィン仮装画像!」というページでスーパーマンやくまのプーさんに扮した犬の画像が多数紹介されているほか、「【ハッピー ハロウィン】可愛い仮装した猫」というページでは、魔法使いの帽子をかぶった猫の画像などがまとめられている。これらの画像について、ツイッターには、

「かわゆい」
「猫好きはたまらんね(^ω^)」
「萌えー!ふもー!にゃんにゃん!猫!仔猫!ふにゃにゃにゃにゃにゃー!」

などと、癒やされる人が続出している。

日本でもここ数年で一気に定番のイベントとなったハロウィン。今後、ペットの仮装も定番化する?
(R25編集部)

ハロウィン「ペット市場」拡大?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

池袋コスプレ祭 早くも次回待望論
コンタクトも登場! 犬用グッズの世界
愛犬専用ウエアラブルデバイス登場
ヤギ、馬…「企業ペット」の活用術
ガガに負けない岡本夏生の凄い衣装

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP