ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

加藤綾子 あっさり代役を務めた新人・永島優美に闘争心メラリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月29日から、ショーパン(生野陽子アナ・30才)に代わって、フジテレビ系『めざましテレビ』のメーンキャスターを務めているカトパンこと加藤綾子アナ(29才)が、10月27日、体調不良を理由に生放送を途中退席した。

 午前5時25分の番組開始当初は「おはようございます」と元気に挨拶。ニュースを読んだりしていたが、午前6時前にはスタジオから姿を消した。

「原因は発熱と胃腸の痛みと聞きました。カトパン本人はかなり我慢して本番を迎えたようですが、最後は耐えきれなくなって途中退席となったそうです」(番組関係者)

 そんなカトパンの代打に選ばれたのが、新入社員の永島優美アナ(22才)。これには局内が騒然となったという。

「これまで局を代表する女子アナが座ってきたあの看板席に、入社半年ほどの女子アナが座るなんて前代未聞…。カトパンだって、ショーパンと仁義なき戦いを繰り広げて、ようやく座ることができた席ですよ。それをあっさりというかね…」(テレビ局関係者)

 しかもこの日は、アナウンス力に定評がある山崎夕貴アナ(27才)も出演していた。スポーツキャスターの父を持つゆえ「コネ入社」といわれたり、「社長のお気に入り」といわれたりしている永島アナ。そんな彼女に白羽の矢が立った本当の理由とは?

「山崎アナは、『めざましテレビ』の後に『ノンストップ!』の生放送が控えていたため、さすがに午前中2本の生放送は厳しいだろうという判断だったんです。永島アナの滑舌の良さは局内でも定評があり、高齢の視聴者から“聞き取りやすい”というはがきが来たこともありました。ですから決まった原稿があるものに関しては、永島アナが読むことに対して不安視する声はありませんでした。とはいえ、アドリブや時間調整などが必要なコーナーは永島アナには無理だと判断し、そういうコーナーは山崎アナが担当することになったんです」(前出・番組関係者)

 しかしこれに心中穏やかでないのがカトパンだという。

「長きライバルだったショーパンがいなくなったと思ったら、アナウンス力抜群の新人があっさり自分の代打を務めあげた。もともとカトパンは負けず嫌いなところがありますから、闘争心メラメラでしょうね」(前出・テレビ局関係者)

※女性セブン2014年11月13日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジ・宮澤智アナ スタッフ受け抜群で亀山社長もお気に入り
フジ女子アナ事情 カトパン株上昇で生野陽子の存在感希薄に
フジ中村光宏アナ母「生野さんがお嫁にきてくれたら嬉しい」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP