ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

面接で「思想信条を尋ねてはならない」という制限に、あえて苦言を呈する

DATE:
  • ガジェット通信を≫

面接で「思想信条を尋ねてはならない」という制限に、あえて苦言を呈する

以前、就職面接で「尊敬する人は誰ですか?」「愛読書はなんですか?」などと尋ねてはいけないことについて、採用担当者の視点から疑問を投げかけました。そして「あなたの身近な人で尊敬する人」という、尋ね方の抜け穴があることも紹介しました。

もちろん、「適性と能力に関係がないことは質問してはいけない」という建前は承知しています。しかし例えば、極端な例ですが、左翼的思想が強いオーナー企業に、何かの間違いで右翼的思想を持つ人が入社してしまったら、あるいはその逆の場合、入社後の居心地が悪いことは想像に難くありません。事前に防ぐことの方が、お互いのためになるのではないでしょうか。(文:河合浩司)
大卒や中途採用で問題になることは稀だが…

高卒採用をする際に、ハローワークから出席を求められる説明会に出ると、職員から『公正な採用選考をめざして』という厚生労働省発行の冊子を渡されます。

説明を聞いていると、新卒・中途採用にかかわらず、どの採用選考においても「生活信条・モットー・思想を質問してはいけない」とされ、冊子にもこう書かれています。

「思想信条にかかわることは、憲法に保障された本来自由であるべき事項であり、それを採用選考に持ち込まないようにすることが必要です」

しかし、憲法に保障されているのであれば、企業オーナーがどんな思想信条を持とうと自由ですし、思想信条にかかわることでお互いの相性が「合う・合わない」を判別することも許容されてもいいのではないか。仕事に向かう姿勢や価値観だって適性の一部だし、能力の発揮に関係するのではないか…。それが多くの企業のホンネではないでしょうか。

実際、日常の人間関係で「生活信条」「モットー」「思想」や「価値観の違い」によって、個人を判別することは往々にしてあるはずです。

もちろん大卒や中途採用では、「愛読している本はありますか?」「働く上で何を重視しますか?」など思想信条やモットーに関わる質問をする企業は存在しますが、問題になったという話は聞いたことがありませんし、あったとしても稀なケースでしょう。

ところが高卒採用になると、とたんに問題が大きくなることが増えます。それを分けるのは、実は学生と企業の間に入る「進路課の先生」の個人的な認識だったりするのです。
「進路課の先生」の個人的認識に左右されるのは残念

高卒採用の場合は、学生が面接を受けた後、進路課の先生から「どんな質問をされたのか? 何を答えたのか?」を事細かに聞かれるそうです。そして、その中に少しでも思想信条や尊敬する人・愛読書などの項目があれば、ハローワークに通告するのです。

おそらく未成年である高校生を保護するという名目なのでしょう。そこでもし市民の一人である学校から通告があれば、公の機関としてのハローワークとしては企業に対して指導をせざるをえません。このサイクルは、「高卒採用は面倒くさい…」と企業が感じる一因となっています。

しかし、就職課の先生が「尊敬する人は?」「愛読書は?」などといった質問に過剰な反応をしない方であれば、これらの厄介ごとは起きません。「採用は相性次第」ということを理解してくれている先生方がいてくれれば、全く問題にならないのです。

ありがたいことに、私はこのような進路課の先生方と知り合うことができています。高校生のためにも若い人材に会いたい企業にとっても、本当にありがたい存在です。高卒採用が広まるかどうかの一角は、「進路課の先生」が鍵を握っているのかもしれません。

あわせてよみたい:採用担当者が斬る「シューカツの迷信」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。