ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【エンタがビタミン♪】大島優子が懐かしの“ピクミン”風に日常を描写。「今日も食べる~しゃべる~笑う~」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


大島優子がツイッターで「風に吹かれて~あなただけに~ついて~いく~」とつぶやいている。読者からも「ピクミン?(笑)」、「なつかしすぎ!」と反応があるように、あのCMソングの替え歌だ。AKB48を卒業して、ソロ写真集の発売やCM出演など多忙を極める大島優子。替え歌の歌詞には、そんな彼女の気持ちが込められているように思える。

【この記事の他の写真を見る】

大島優子が中学生だった頃。ゲームキャラクターのピクミンが登場するTVコマーシャルが2001年11月から放送されると、「引っこ抜か~れて、あなただけに~ついて行く~」といった悲哀が歌われた『愛のうた』が大人気となったものだ。

それから10年以上が過ぎて10月27日に、彼女は何を思ってか『大島優子(Oshima__Yuko) ツイッター』で「風に吹かれて~あなただけに~ついて~いく~今日も食べる~しゃべる~笑う~そして、怒られる」とつぶやいている。

AKB48時代にはグループのトップとしてのみならず、バラエティ番組や女優業で休む間もない日々を送った彼女。今年の6月9日にAKB48を卒業してからも女優業やCM出演、ソロ写真集『脱ぎやがれ!』の発売。そして、AKB48のニューシングル『希望的リフレイン』のミュージックビデオへ前田敦子ら卒業生と出演するなど話題は尽きない。

アイドルグループとしての活動ではないが、今でもスケジュールに追われる日々は似たようなものではないのか。そんな日常を振り返った大島優子の胸のうちが、ふと口ずさんだ替え歌に込められたかのようだ。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連記事リンク(外部サイト)

大島優子のハロウィン仮装が「ラスボス並み」の迫力。こじはるは“困り顔”。
大島優子が新CMで一人暮らしのOL役。ヒリヒリから一転“カサカサ”や“ホカホカ”な心情を好演。
大島優子の写真集“手ブラ表紙”にファン複雑。「書店に並んだ時、全国の中高生が…」

TechinsightJapanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP