ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ユーザーインターフェース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ユーザーインターフェース(UI)とは、コンピューターと人との間を媒介する仕組み。インターフェースは、異なるものの境界面、共通領域を意味する単語で、人がコンピューターを利用するにあたって、コンピューターとの境目となる入出力を行うシステム・デバイスが、UIに関する部分といえる。具体例としては、入力装置ではキーボード、マウスなど、出力装置ではディスプレイ、プリンターなどが挙げられる。

デバイスやシステムの設計者にとって、UIは最も配慮が必要となるところの一つだ。というのも、UIを無視したデザインであると、ユーザーが「使いづらい」「分かりにくい」と感じてしまい、そのデバイス、システムを使わなくなってしまう。つまり、客離れにつながってしまうことになる。

以上の点から、コンピューター、スマートフォンを動かすOSは、特にUIが重要となる。かつては、ディスプレイ上に出力された文字によって、何ができるか、行われているかを認識できるキャラクターユーザーインターフェース(CUI)が主流だった。UNIXは、CUIを採用したOSの代表例といえるだろう。しかし、WindowsやMac OSが、アイコンやポインターなどをディスプレイ上に映し出す、グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)を採用するようになると、こちらが主流に。その後登場したスマートフォンも、GUIを意識したものが主となっている。

また、UIに関連する概念として、ユーザーエクスペリエンス(UX)がある。直訳すると、「利用者体験」となるが、そのデバイス、システムを心地良く使える感覚のものが、優れたUXといえる。例えば、スマホのフリックや、スワイプといった動作はUXの真骨頂で、設計者がUI・UXを配慮したものでなかったら、その普及は遅れていたかもしれない。

個人で、ウェブサイトやアプリを製作する場合も、UIに配慮することが必要だ。何ができるかを直感的にイメージできるアイコンやメニューの並びなど、ちょっとした工夫から始めれば、ページビュー数、ダウンロード数の増加にもつながってくるだろう。

関連記事リンク(外部サイト)

お盆休みの出社……、だからこそできる「パソコンの整理」
ブラウザ
“デジタル速読”を可能にする新しいユーザーインターフェース

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP