体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空き家バンクの活用、定住促進を目論む武雄市の次なる施策とは?

空き家バンクの活用、定住促進を目論む武雄市の次なる施策とは?(写真:武雄市)

佐賀県武雄市の取り組みについて、TSUTAYAによる武雄市図書館の運営(http://suumo.jp/journal/2014/09/19/69585/)、反転授業や官民一体型学校の導入などの教育改革(http://suumo.jp/journal/2014/10/16/71322/)と紹介した。いずれも8年前(2006年)に当時全国最年少で当選した樋渡啓祐市長の、慣例にとらわれない市政改革の一環として進められてきた。

市長発案の取り組みとしてユニークなのが、市役所の部・課に新しい名前を冠して、市の取り組みを市民やマスコミに印象づけようという試みだ。先に紹介した教育改革を担うスマイル学習課やつながる部フェィスブック・シティ課(市のFacebookページ運営や広報担当)、営業部いのしし課(「いのしし」に関する被害対策と商品開発に取り組む)、お結び課(結婚を望む独身男女の縁結びを取り持つ)などだ。

今年4月、市の機構改革でつながる部に新たに「お住もう課」が誕生した。その名前から分かるとおり、武雄市への定住促進に取り組む部署だ。温泉や図書館で培われた知名度をバネに移住・定住を促進

お住もう課の菰田康彦さんは「観光資源である武雄温泉や、昨年改装オープンした武雄市図書館をはじめとした行政の取り組みもあり、武雄市の知名度も上がってきました。これまでは、観光や行政視察など交流人口の増加を実現してきました。お住もう課では、市外から武雄市に移住してもらう定住促進に積極的に取り組むため、この春に市長発案で発足しました」と語る。これまでも、市民協働課で「空き家バンク」を地元NPOの協力を得るなどして運営してきたが、これをてこ入れするものだ。

菰田さんが、武雄市に移住してきて欲しいと考えるのは「いろんなバックグランドを持った人々。武雄に住んでお互い影響・化学反応を起こして、武雄を魅力的にしてくれる人です。移住者の数ではなくて質を目標にしています」と話す。何でも興味を持ってやってみようという若い人や、自ら起業しようという人たちを支援したいという。そのため、お住もう課が担うのは、「定住支援」ばかりでなく「起業支援」も併せて行うという。

9月19日には、武雄への移住経験者、不動産事業者など8名の定住支援員(通称:お住もうさん)の委嘱とその宣言式を武雄市図書館で行った。定住支援員には、地元商工会議所・商工会からも就任してもらい、起業のサポートも行う。このほか、お住もう課には「お住もうコンシェルジュ」を配置して、武雄市への移住希望者に対して、その希望や質問に回答するほか、移住実現までの情報提供やサポートを行う。

【画像1】定住支援員(お住もうさん)に委嘱された移住経験者ら、お住もうコンシェルジュと樋渡啓祐市長(右から3人目)(写真:武雄市)

【画像1】定住支援員(お住もうさん)に委嘱された移住経験者ら、お住もうコンシェルジュと樋渡啓祐市長(右から3人目)(写真:武雄市)

これに加えて、特設ホームページ「お住もう部屋」を開設した。武雄市の不動産物件情報や、市の行う定住支援策などを紹介する。また、既に武雄へ移住した人の声を動画で配信する。

【画像2】「お相撲さん」をキャラクターにした「お住もう課」特設サイト(出典:武雄市お住もう課)

【画像2】「お相撲さん」をキャラクターにした「お住もう課」特設サイト(出典:武雄市お住もう課)教育改革が魅力となって移住の問い合わせも

当面の課題としては、移住者を受け入れる住宅だ。移住者は賃貸アパートか空き家が検討の対象になるが、市内でも町部と周辺部には差があり、いずれも周辺部には少ないのが実情だ。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy